--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/11/27 (Mon) 【Coyote Ugly】(コヨーテ・アグリー)

出演:パイパー・ぺラーボ、マリア・ベロ、タイラ・バンクス、イザベラ・マイコ、ブリジット・モイナハン、アダム・ガルシア、ジョン・グッドマン
監督:デヴィッド・マクナリー
製作年:2000
製作国:アメリカ
coyoteugly.jpg

ロンドン「Wicked」フィエロ役を演じているアダム・ガルシア(彼のエントリーも消えてるし凹)が出演ということで見てみました。
と思ったらすげー!ジェリー・ブラッカイマー映画で、主人公の恋人役とは…でかい役じゃないですか!

とはいえやっぱり粗が目立つブラッカイマー作品ではあるのですが、個人的にこの作品は好き!
ミュージカル映画(これも一応?)って、構成がグダグダでもパフォーマンスが良ければそれで良いみたいなところが。『RENT』もそう思った。
この作品は主人公の歌が口パク(もっと上手く口の動きと合わせれば良いのに…)なのが惜しいけど。別撮りでも本人が歌ってれば良いんだけどなー。

この中に出てくる薄っぺらいロマンスサクセスストーリーはどうでも良くて、一番見ごたえあったのは、あのバーのコヨーテたちによるスピード感あふれるパフォーマンス
スーパーモデルたちをキャスティングしたコヨーテsは、かなりかっちょいいです。

スポンサーサイト

Cinema~2006 | trackback(0) | comment(3) |


<<【Adam Garcia as Fiyero】 | TOP | 【Anywhere but here】(ここよりどこかへ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No subject 

おひさvv

>あのバーのコヨーテたちによるスピード感あふれるパフォーマンス。

そうそう、そうなのよ。薄っぺら~いストーリーとかどうでもよくて、あのバーのシーンの見ごたえはすごいよね。この映画、自分の意思じゃ観なかっただろうジャンルだけど、一昨年友達んちで観たのよ。笑 アムステルダムに行ったとき、実際にバーカウンターの上でねぇちゃんたちが踊っているのを目の当たりにしたとき、この映画を思い出したよ。そういう世界が世の中には本当にあるんだねぇ。。。<ちとおばさんクサイ

2006/12/10 19:11 | さわ [ 編集 ]


頑張ってるね! 

>さわこさん

おぴさ!

>アムステルダムに行ったとき、実際にバーカウンターの上でねぇちゃんたちが踊っているのを目の当たりにしたとき、この映画を思い出したよ。

さすがアムス!
今行きたいところリストにばっちし入ってますよ♪
てか友達がアムス行き航空券当てたんだよね~連れてってくれないかな(笑)
行けた暁には、ぜひともカウンターの上で踊ってみたいものだね!

2006/12/15 13:49 | nana [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/12/16 00:13 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/396-094eed26

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。