--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/11/28 (Tue) 【Adam Garcia as Fiyero】

舞台:「サタデー・ナイト・フィーバー」ロンドン初演Tony Manero役でオリビエ賞ノミネート、「グリース」など。
TV:「ドクター・フー」、「名探偵マープル」
映画:『ワイルド』『コヨーテ・アグリー』
meeting.jpg

ミュージカル・スターの宝庫、オーストラリア出身の彼。かなりイイ声持ってます。
個人的にはオペラ系の声よりも、ロックソウルがカッコよく歌えちゃう“カスリ”の入った声が好き。
スティーブン・タイラーフレディ・マーキュリーも然り。
アダムの声はもう少し滑らかだけど、表情豊かに歌い上げることに長けてる声だ。

そして彼自身のキャラフィエロという役も絶妙なマッチング
フィエロ天然(ボケ)能天気な一方、自分をしっかり持っていて、実はまじめで優しい
ヒーローでありながら、完璧な王子様ではないところが魅力。ヒーロー色は、むしろエルファバの持ち味かも?
アダム自身も、背格好バックステージでのキャラからして、「等身大の男の子」といった感じ。
『コヨーテ・アグリー』でも、決して“ヒロインのあこがれの王子様”という立ち位置ではなかったしね。
ちょっと頼りないけど、男気とユーモアはある人といった印象。
バックステージの彼のユーモアについては、イディナの項で紹介できるかと(笑)

フィエロとエルファバとの出会いは、彼の乗る人力車とエルファバの衝突。
怒るエルファバに対し、「緑色が見えたから、人力車の漕ぎ手も渡っていい信号だと思ったんだよ」とさらり。
でも他の生徒がエルファバをからかうのと違って、嫌味がない。根が意地悪な人ではないから。

恋に落ちるほどエルファバの尻に敷かれ、知らない間にグリンダにいいように事を進められていくフィエロは、笑いどころの多い役でもある。
パンチラインに向けて周到に準備されたエルファバとの掛け合いは、劇中最大の笑いどころとなり、会場中の拍手&歓声&フィーフィーのフューフューで、なかなか次のセリフに入れなかったほど。

そして本作は、最初はいい加減さもあったフィエロが、エルファバを守るうちに正義責任感に目覚め、最後には弱気になるエルファバを慰めるまでに成長する物語でもある。
演じる人によって色が変わってくるキャラだと思うので、オリジナルBW版のフィエロはどんな人が演じているのかも気になるし、見てみたい。
fieroadam.jpg

スポンサーサイト

WICKED - LONDON | trackback(0) | comment(0) |


<<【A Christmas Carol】(クリスマスキャロル) | TOP | 【Coyote Ugly】(コヨーテ・アグリー)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/397-1b1b0f16

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。