--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/12/16 (Sat) 【The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe】(ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女)

出演:ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、ティルダ・スウィントン、ジェームズ・マカヴォイ
声の出演:リーアム・ニースン、ルパート・エヴァレット
監督:アンドリュー・アダムソン
製作年:2005
製作国:アメリカ
narnia.jpg

劇場で観た方が良い作品かなとも思いつつ、知ってる俳優も出ていないし動物が喋るし、食指が動かないまま公開が終わる……(笑)

予告編なんかでも特にひかれる映像がないし、ライオンがCGって明らかだし、原作も読んでないしってワケで相当に期待値が低かったせいか、蓋を開けてみれば結構楽しめた(笑)
というか、ファンタジー映画ってやっぱり好きなジャンルかも…って再認識。
普段から妄想ばっかりしてるからかしらね。
異世界に迷い込めるのが映画の醍醐味だからね、文芸ものもそうだけど、小さい頃から育んできた想像力の翼で一気に飛べちゃうのね。

ストーリーラインは相当シンプル。鑑賞後に想像力の翼を畳んだところで冷静に考えると、「あれ、これだけのことだったの?」と、ちょっと拍子抜けするくらい。
ただ見てる間は特に冷めることもなく、物語に入り込めたかな。
原作はそれなりにもっと複雑なのかもしれないけど、少なくとも映画はさらっと見られるエンターテイメントに仕上がっていました。
本来動物に人間言葉をしゃべらせる演出には違和感を持つタイプなのだけど、その声もリーアムルパート・エヴァレット(!)のものだと思えば楽しめる。

ラスト、ナルニアにいるまま締められるのかと思ったら戻って来て、しかもあの状態ってことは「次どうなるのかな?」とちょっと引っかかったので、2作目は劇場で観てもよいかも。

スポンサーサイト

Cinema~2006 | trackback(0) | comment(0) |


<<【The Pink Panther】(ピンク・パンサー) | TOP | 【Syriana】(シリアナ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/417-126ac271

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。