--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/12/26 (Tue) 【HITCH】(最後の恋のはじめ方)

出演:ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームス、アンバー・ヴァレッタ、ジェフリー・ドノヴァン
監督:アンディ・テナント
製作年:2005
製作国:アメリカ

hitch.jpg


英語ネイティブバイリンの友達、つまりアメリカでの生活経験を持つ友達に、メチャクチャ受けの良い映画だったのですが…。
彼らは…というか、アメリカ国民がウィル・スミスを基本的に好きなのも大きいと思うし、ロマコメだからなのかもしれないけど、そこまでハマる理由は分からなかった…(苦笑)

デートや友達同士で軽く観に行くのには、もちろん向く映画です。
ただ普通に楽しめはしたけど、絶賛とまでは行かなかった。

ヒッチ自身の、恋愛コンサルでありながら不器用な恋愛が共感を呼んだのかな?
色んな要素がバランスよく詰め込まれていて、ただ単に楽しめたから評価が高いのかな?
それとも他にグッとくる何かがあったのかな?

恋愛コンサルという概念、繰り出される具体的な恋愛アドバイスは面白いけど、ヒッチ自身が彼女に試すデート戦略はイマイチ共感出来ない……こんくらいで、そこまで惚れる?と頭の中がクエスチョンマークでいっぱい。

ウィル・スミスの映画は、エンタメ的な視点から見て常に高い水準を保っているとは思うけど、それゆえに昔は苦手意識も大きかったのよね…。

アメリカのボックスオフィスでよく、「はっ?」って思うような映画が何週も連続ランクインしてることに象徴されている何かを映し出すような作品でした。友達がこれを評価していることも含めて。

きっと観客に媚びすぎているのが気に入らないんだと思う(笑)
アメリカ映画において、コメディアクションは消耗品みたいなもんだね…。
ヒューのラブコメはそんな中でやっぱり良く出来てます。

スポンサーサイト

Cinema~2006 | trackback(0) | comment(0) |


<<【Malcolm X】(マルコムX) | TOP | 【Things You Can Tell Just By Looking At Her】(彼女を見ればわかること)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/427-8c2a66bd

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。