--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/01/10 (Wed) 【The Pursuit of Happyness】(幸せのちから)

出演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
製作年:2006
製作国:アメリカ

bonheur.jpg

1月27日公開。

全財産21ドルから億万長者へ――ザッツ・アメリカン・ドリーム!

原題の“The Pursuit of Happyness”(もとい“Happiness”)すなわち「幸福の追求」は、アメリカ独立宣言の一節にある言葉。
市民に認められた権利が、ただの「幸福」ではなく「幸福の追求」であることに、人生の崖っぷちにいたクリスは敏感に反応する。
起草者たちは、どうして当時このことに、つまり「幸福」は保障できないけれど、それを「追求」する権利は保障されうる、されるべきということを知っていたのか。

そしてそれがこの映画のすべて。
幸せを手に入れるのは個々人の努力と責任だということ。
ヨーロッパアフリカの人だったら共感しにくいかもしれないけれど、日本人だったら共感できると思う。

頑張ることに疲れた時、諦めてもいいじゃんって思いかけた時、この作品は確かな後押しになる。
「自分なんかまだまだ苦労してるとは言えない」という意味でも、「地道でも努力を続けていれば、報われる時が来る」という意味でも。
同じことの繰り返しみたいな毎日に、意味を持たせるのは自分の気持ち次第だよなと思うわけです。
そのためにも夢は忘れちゃいけないね!

私が見た中では、この映画のウィル・スミスの姿は新境地かなと思いました。
彼は、こういう作品がコレから増えていくかな?
キャリアの方向性としては良い感じ。

とはいえ、安倍さんの前で実息子との共演にハシャいじゃったり、レオとガチンコ来日しちゃったり、戸田なっちゃんの通訳を詰まらせたり、やっぱり落ち着くはずもないウィルさんなのでした。

スポンサーサイト

Cinema 2007 | trackback(0) | comment(0) |


<<【ユメ十夜】 | TOP | 【愛の流刑地】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/438-d494b67e

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。