--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/02/01 (Thu) 【羅生門】

出演:三船敏郎、京マチ子、志村喬、森雅之
監督:黒澤明
原作:芥川龍之介
製作年:1950
製作国:日本
rashomon.jpg

芥川「藪の中」を国語の授業で読んだ時は、「なんて面白い話なんだ!」と興奮した覚えがあります。
そんな「藪の中」「羅生門」を合わせた本作、メインのストーリーラインは「藪の中」で、タイトルは『羅生門』がかっさらった形に。
確かにこっちの方がキャッチーな響きで、海外でも“Rashomon”が1つの概念として知られるくらいになったんだから、きっと正しかったのよね。さすが。

原作がもうすでに面白いものなので、映画としてどうか?ってなると逆に困っちゃうんですが。
映像は他の黒澤作品に比べて特別変わってるということもないし。

でも「羅生門」と合わせたのは興味深い。
「藪の中」で人間の欺瞞とか虚勢とかを描いて、より観客に近い感覚のある「羅生門」でその内容に輪を掛けて観客に問う。
ラスト黒澤監督としての人間に対する見解を見せて、映画としてはケリが付いたと思うし。

一方でスクリーンという四角い空間で起こる出来事自体も、元々多義的な現実の、ひとつの、一義的な見方でしかないんだよ…というのを、限りなく現実に近い視界を持つ「映画」という手段で見せられているような気も。タイトルに「羅生門」が付けられたことも含め。

スポンサーサイト

Cinema 2007 | trackback(0) | comment(1) |


<<WE WILL ROCK YOU - Info. | TOP | 【Das Kabinett des Dr. Caligari】(カリガリ博士)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/03/03 13:07 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/451-822308f2

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。