--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/02/27 (Tue) 【The Guardian】(守護神)

出演:ケヴィン・コスナー、アシュトン・カッチャー、ニール・マクドノー
監督:アンドリュー・デイヴィス
製作国:アメリカ
製作年:2006
guardian.jpg

ヒューマンドラマ&エンタテイメントとして良く出来た作品でした。
他にも似たような作品はあるので、この作品だけ特別心に残るということは無くても、鑑賞中~鑑賞後の余韻には満足できるような。

久々ケヴィンさん、あまり年をとらない顔ですね。
ロビン・フッドとそう大して変わってないです。シワの1本や2本は増えただろうけど。
今回の役はなかなか良くて、『アルマゲドン』でいうブルース・ウィリスのようなポジションです。
年を取っていることを逆手にとった、渋みと影が魅力の役柄。
ハリソン・フォードもこういう方向に行けば良いのに…と密かに思いました。

アシュトンはグラビアなどの静止画で見るより、やはり映画の中の方がカッコイイ!かも。
少し生意気な、でも悲しい過去を背負った訓練生役にぴったりハマっていました。
これって個人的には新鮮だったの。
偶然にも(ホントか?)先ほどブルース・ウィリスの名前が出ましたが、アシュトンのプライベートを見る限り、年齢以上にずっと懐が深そうなんだもの。
出演作品の選び方も上手いなぁと思うし。

士官性としての厳しい訓練(とバラエティの豊かさ)にも目を見張るものがあったし、それぞれの葛藤もそれなりに描いていて、激しい荒波と格闘するシーンはさすがに迫力もあり、飽きさせない2時間半でした。

@plane

スポンサーサイト

Cinema 2007 | trackback(0) | comment(0) |


<<【7月24日通りのクリスマス】 | TOP | The Phantom of the Opera 141006 【5】 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/471-76c41af1

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。