--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/03/08 (Thu) Les Misérables 2006 Oct. 16 Soirée 【5】

【John Owen-Jones as Jean Valjean】

最年少でジャン・ヴァルジャンを演じた俳優。
Central School of Speech and Drama


舞台:「オペラ座の怪人」ファントム(歴代WEファントム俳優の中で最長上演期間を誇り、上演回数は1,400回を数える)、「サウンド・オブ・ミュージック」ほか
DVD:映画『オペラ座の怪人(2005)』DVDの特典映像Behind the Mask内におけるファントム役(そこんとこ、どーなの!?笑)など。
コンサート:「レ・ミゼラブル」10周年記念コンサート(TV、ラジオ放送、CD&DVD化済み)、「スウィーニー・トッド」(ピレリ)20周年記念コンサート、その他多数。
CD :ソロCDリリース予定(2006年10月当時)
joj.jpg

どん!と真ん中にサインを頂いたので、経歴が隠れて見えない部分あり(恨み言じゃないよ・笑)
そんな中でも、ファントムレミゼにおける輝かしい功績はしっかり強調されていました。

確かに声を授かった人。
「ありゃ歌じゃなくて、もはや“音波”だよ」
っていう、それが素直な感想(笑)

日本で見たときのバルジャン石井一孝さん。
彼に対して何の予備知識も無く見たのですが、水を差しようのない、かなり良いバルジャンだったのです。
JOJ氏を見てもそれが揺るがないくらい。
印象の問題かもしれないし、好みの問題かもしれないけれど。
(今回はじめて石井さんの公式らしきサイトを観に行ってびっくり。へぇそうなんだ…何となくそういう人多いね、レミゼ<独り言を書くなー)

とはいえ、しみじみ思ったことその1。
「上手いと評判の人は損である」
…観客は上手いのが当たり前だと思って観るため(苦笑)、ハードルが自然高くなる。これが何の予備知識もなしに観ていたら、素直に「あのバルジャンの人、スゴイなぁ…♪」と思ったはず。

しみじみその2。
「バルジャンで観られて良かった」
…個人的にJOJ氏は、ファントムよりバルジャンな人なんじゃないかと、思い続けている。
キャラが天然でハマるのはバルジャンのような。
役作りはきっと、またバルジャン歴代最長公演とかして(笑)、深めていくのでは?

しみじみその3。
幸せなことに、年齢の割りに今までいくつかクォリティの高い舞台を観ることが出来ていて、「上手い人」っていうのに慣れてしまっているのかもしれない。
「歌が上手い人自体は世の中に沢山いる」「上には上がいる」ってことを実感する機会が沢山ありすぎて、ある程度の技能の高さは舞台において大前提。
質を高め、心に残るのはそれ以外の何かだと感じる体質になってきているのかな。

たとえば、元々えらく声に恵まれた人でも、自分の才能の限界を超越しようと努力している姿が見えるとか、そういう部分に“物凄さ”を感じるわけで。
その物凄い人ってのが、実際居るんだもんね。特にWEという場所にはウヨウヨと。
与えられた役に丁寧に向かい合って、自分の能力と上手く相乗させてるなと感じられる人もいるし。(あえて具体例出すと、WE「Wicked」現Boq役とか、そういう意味でとても好きよー)

あと感動するってことで言えば、「オーラで圧倒する」という、さらに希少な才能を持った人が世の中には居るわけで、そういう人って一番強い気がする。
上手い人が上手いなりに歌っているだけでは満足できなかったりする、何てワガママな観客(苦笑)

でも「観客を前にした舞台に立つ」って、本来はそれほどに怖いことのはず。
「全然人前で物怖じしないタイプだからダイジョーブ」な度胸(子役にとっては武器だけど)よりも、その怖さに、本当の意味で真摯に向き合ってる人ほど強いのではないかな。

話を戻して。
ただ今回のJOJに関しては、この観劇の前後に確かダウンして休演していたはずなので、本調子では無かったのかも。もしかしたら本調子の時には、グワァァァっとオーラの泉が湧き出る人なのかもしれない。
てか調子悪くてアレだったら、逆に凄いな(苦笑)

元々持っている能力はとても高いのに違いないから、何かが弾けたら奇蹟みたいなものが見られるのかも?
この春の滞在ではレミゼ観劇を見送ったのですが、キャストが大幅に変わったら(何人かは絶対変わらないで欲しい人もいるけど)、また観たいな。曲自体好きだし。

何だかんだで、このレミ観劇はJOJが目的です(笑)
なんで、バック・ステージのJOJさん。
何だか予想を裏切らない、もすもすっとした動きが可愛い♪
でも意外と静かに話す人なんだね。レミゼの人みんなそんな感じだけど。
あのEarlさんの方が、むしろリアクションおっきめな、抑揚ある話し方だったよ。
Earlさんなのに。←どんな先入観だよ(笑)

スポンサーサイト

Les Misérables | trackback(0) | comment(0) |


<<Les Misérables 2006 Oct. 16 Soirée 【6】 | TOP | Les Misérables 2006 Oct. 16 Soirée【4】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/480-af54a78e

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。