--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/06/06 (Wed) 【GUYS and DOLLS】を振り返る。その6。

「Sit Down, You’re Rocking The Boat」
sitdown.jpg

一番好き!最高!
スカイアデレイドもこのシーンにはいないけど!(笑)

とにかくパワーと迫力にあふれてテンションあがるシーン。
人が舞台上に大勢いて、その1人1人の動きが計算されていることによって、全体として完成された風景を作り上げているのがね~頭いいなって。

このシーンは、どのキャストで観てもそれなりに満足度がある
「Wicked」Defying Gravityというナンバーもそうだけど、どんなキャストで観てもそれなりにアッと思わされる圧倒されるシーンって、むしろ演出者の頭の良さに感服する。

その舞台上の構図を、何にもないところ(あるいは曲そのもの)から頭に描ける人が居て、「こうしたら人は驚嘆し感動する」っていうのを先取りしてるんだよね。
だからこそその仕事についているんだから、当たり前なんだけどさ。

ファントムでもさ、シャンデリア落ち「技術的に出来るなら落としてみようよ」くらいのノリじゃないかと推測するんだけど、マスカレードのシーンは、やっぱり先述したような計算が大いに働いてるよね。
大階段の構図・照明・音楽との相性、色んなことが舞台上で起こるタイミングも。

そういう計算が、想像よりずっとピッタリはまってしまう瞬間ってあって。
どんな舞台も音楽も映画も、すべてそういうシーンの連続だとは思うのだけど、その中でもやっぱり奇跡的に色んなものが、完璧な形で融合する瞬間があって、一度知ると病みつきになる!

スポンサーサイト

GUYS AND DOLLS | trackback(0) | comment(0) |


<<【GUYS and DOLLS】を振り返る。その7。 | TOP | 【GUYS and DOLLS】を振り返る。その5。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/531-354a0133

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。