--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/14 (Sat) ウィキッド 【劇団四季】 (07.JUL.07) -5-

●グリンダ

沼尾さんの舞台を観るの、実は初めてだったって、気付いてびっくり。
何かこう、見かける機会が多かった気がするので(笑)
ファントムでも彼女のクリスティーヌで観たいなーなんて言ってて、終わっちゃったんだよねー。

マスキュランなエルファバに対し、フェミニンなグリンダ
オリジナルのKristin Chenoweth雰囲気が似ていると勝手に思ってたこともあり、グリンダには合ってるんじゃないかなーと観る前から期待。

実際合っていたと思うし、コメディ・シーンは(何かもう色んな意味で大変だったろうに)はっちゃける姿に元気をもらいました。

と、同時にやっぱりとても難しい役なんだなぁと。
技術的にも感情的にも、複雑さはエルファバの上を行くよね…。

裏声は普通に綺麗なのだけど、地声との行き来が大変そう。
前回見たときのWE版グリンダ=ヘレンの痛ましさをちょっと思い出しました。
多分、やり始めたばかりは辛くて、慣れてくると自然に歌えるようになり、長く続けるとまた喉の負担が大きくなってボロが出やすくなる役(曲ばかり)なのだと思う。

この役を完璧レベルで毎日演じるって、想像しただけでも一番大変そう。

作品全体で最初の笑いどころ、グリンダ「Isn't it nice to see me?」「みんな私に会えて嬉しいでしょ?」…日英どっちもうろ覚え)で、あんまり笑いが起きなくてちょっと不安になったけど、その後は「Popular」などで、しっかり観客の笑いを取っていました。
「ゴージャス・ドレスぅ~~うぅ~~っうぅっ……」なんかは、英語版よりイケてたかも?

あと、ヘレンに比べて大人っぽいグリンダだなぁと。
歌じゃないところの、セリフのトーンちょっと低めなせいもあるかな?
今のままでも良いけど、もっとグリンダっちゃっても、やりすぎにはならない気がする。

テンション保つの大変そうだけどね(汗)

スポンサーサイト

WICKED - Japan | trackback(0) | comment(0) |


<<ウィキッド 【劇団四季】 (07.JUL.07) -6- | TOP | ウィキッド 【劇団四季】 (07.JUL.07) -4->>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/559-6074fb3c

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。