--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/08/20 (Mon) 【Lucky Number Slevin】(ラッキーナンバー7)

出演:ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマン、ベン・キングズリー、スタンリー・トゥッチ
監督:ポール・マクギガン
製作年:2006
製作国:アメリカ
luckynumber7.jpg

ブルース・ウィリスって、どんでん返しの話が好きだね、最近。

オチに向けて高速展開するサスペンスの、渦中から少し外れたところで飄々と存在するキーマン役の多いこと。
同じ大ヒットアクション・シリーズを抱える身としては、トム・クルーズより身軽な仕事への取り組み方。
ま、主役を演じる共演俳優にスター性があるので、ウィリスが省エネしてても作品としては埋もれないのが、彼の上手いところ。

本作の俳優陣は隅まで豪華だと思うのですが、たぶんウィリスが一番オイシイとこ持ってった。
フリーマンキングズリーなんて、ビニール袋かぶせられてフガフガいって情けない姿だったし…。

こういう作品への出演が続くと(観客側も)飽きてしまいそうな気もしますが、1つ1つはそれなりに面白く観られる。
脚本も、共演俳優も、映像の見せ方も全てひっくるめて、作品の質の最低ラインはちゃんと保持してるんだよね。
映画館に観に行って、まぁ損はしなかったかな、程度に。

本作は「すごく面白い」と聞いていたために期待しすぎてしまいましたが、それでもそれなりに楽しめた。
怒涛の展開に、爽快でちょっと悲しいラスト
ツボを心得すぎてて、パッケージされた商品みたいな卒のなさも感じられるけど。

あと、ルーシー・リューってやっぱり可愛いかも。
ブレークし始めの頃は、いかにもなアジアン・フェイスに、ステレオタイプなハリウッドを感じてあまり好感は持てなかったけど、やっぱり演技上手いと思うし、時々見せる仕草が愛らしい。

スポンサーサイト

Cinema 2007 | trackback(0) | comment(0) |


<<【36 Quai des Orfevres】(あるいは裏切りという名の犬) | TOP | 【CASINO ROYALE】(007/カジノ・ロワイヤル)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/583-c84bca61

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。