--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/08/26 (Sun) HAPPY DAYS (NT, 01.March. 2007) 【3】

HappyDaysPoster.jpg

それでも感想を書こうと思ったのは、言葉の壁を越えてスゴイと思わせる何かが、やっぱりあったから。

まずはセット!
舞台は(どん帳から横幕まですべて)を取り払い、板全体~横幕があったとしたら本来はそこに隠れている部分も、そして舞台袖奥の壁に至るまでが敷き詰められていて、観客席からは、「舞台を観ている」というより、「砂丘を見ている」状態。

場内に入ったとたん、この光景にまず圧倒されます。
今まで見たどの舞台よりも、斬新かつ大胆なセット。
セット・チェンジはなく、主演のフィオナは腰まで砂丘に嵌ったまま、独白を続けます。(2幕では肩まで埋もれる)
カーテン・コールも砂丘上。

思えばベケットは、身体の自由が奪われた状態(Playではツボにはまってる)で、登場人物がしゃべり倒す作品が多い。(って2つしか知らんけど)
出てくる単語から察するに、話す内容は“Play”同様ループしていて、もはや内容ではなく“しゃべり続けること”に目的がある。
それこそしゃべり続けなきゃ「頭のてっぺんまで砂に埋まってしまう」という強迫観念に駆られて、口が勝手に動いているような。

happydays.jpg


そんな独特の作品で、フィオナはやっぱりやってくれました!
『ブラック・ダリア』も最後の独白で映画全体をさらいましたが、今回もあの時に通じる狂気が垣間見えましたよ。
1人で高笑いしたり、しゃべり疲れてふとが覗く瞬間もまた独特の間を醸し出していて。
私の期待していた類の彼女の演技が見られたので、内容は分からなかったけど正直満足(笑)

ところで彼女の夫?恋人?……その役どころすら掴みかねた、マイペースで行動も不思議なウィリーは、一体何を象徴する存在だったのだろう…?
無関心そのもの?

スポンサーサイト

HAPPY DAYS | trackback(0) | comment(0) |


<<【ERAGON】(エラゴン 意志を継ぐ者) | TOP | HAPPY DAYS (NT, 01.March. 2007) 【2】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/589-0dc1c43d

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。