--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/16 (Sun) 【Blades of Glory】(俺たちフィギュア・スケーター)

出演:ウィル・フェレル、ジョン・へダー、ウィル・アーネット、エイミー・ポーラー、クレイグ・T・ネルスン、ジェナ・フィッシャー、ウィリアム・フィクトナー、ルーク・ウィルスン、サーシャ・コーエン
監督:ウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン
製作年:2007
製作国:アメリカ
bladesofglory.jpg

2007年12月22日公開。

…って。

日本公開は絶対あり得ないと思っていたのに!やるねGAGA!

男子フィギュアスケートの世界選手権。
同点1位となった表彰台の上でケンカし、シングル部門を追放された2人の選手が、ペアを組んで復帰を目指す。

華麗なるアンポンタンたちだよ、命を懸けたアンポンタンたちだよ。

シングル時代の2人のフィギュア・プログラムからして、ちゃんちゃらフザケまくりである。
設定上、ここは普通に金メダルを獲れるような、まともな滑りのはずなのに、金メダル獲っちゃイケナイ感じである。むしろ世界選手権に出てる時点で、とんだウッカリさんだよ。

男子フィギュアをおちょくりまくった演出に、本物の方たちには申し訳ないながら、含み笑いさせてもらいました。(飛行機の中だったモンで、声には出せなかった)

ウィル・フェレルジョン・へダーという似たもの同士とか対極にいるとかそういう物差しで計れない、何とも香ばしい感じの2人がペアを組んでからは、さらにコクのある青春コメディ漫画へと展開。

男と男がゲイでもないのに(むしろ仲悪いのに)、ペア組んで触れたくもないところに触れちゃったり、北朝鮮で編み出されたという失敗すれば文字通り首から上が飛ぶ大技(かといって成功しても全然美しくない)に挑戦したり。

ライバル役の男女ペアもまた、バイキンマン並みにお決まりな悪役で、策略の浅はかさが素晴らしいです。
毎回毎回アンパ~ンチに飛ばされても、諦めないくじけない。
あとブロンド王子=ジョン・へダーの追っかけの「いつかあんたのこと殺すから!」ってのも良いトコ突いてました。

ありそうでなかったフィギュア映画<たぶん知らないだけ。
もっとフィギュアを美しく撮った芸術映画に出ればいいのに、こんなのにバッチリっていうかウッカリ出演しちゃってるサーシャ・コーエン(本物)が好感度大です。

スポンサーサイト

Cinema 2007 | trackback(0) | comment(2) |


<<【Paris, Je t’aime】(パリ、ジュテーム) | TOP | 【The Bourne Ultimatum】(ボーン・アルティメイタム)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No subject 

これ、いつだか見た映画雑誌でも「これを日本で観れるとは~~」的なコメントがありました。
なんか気になっちゃってます。これ(笑)
日本のフィギュアブーム(なのか?)に乗ってみたのかしら??
いつまで公開されてるんだろー。

こういうな~んにも考えなくていいような映画って、ほんと好きなんだわ。
ウィル・フェレルって「プロデューサーズ」でしか観たことないし(「主人公は僕だった」も観たかった!)、顔はいまいち苦手なタイプなんだけど、な~んか気になる!香ばしい2人組。冬休み明けまで公開しててくれーー!

2007/12/23 01:34 | emiママ [ 編集 ]


香ばしいような、焦げ臭いような。 

>emiママさん

>いつだか見た映画雑誌でも「これを日本で観れるとは~~」的なコメントがありました。

やはり~(笑)
こういう映画って、日本ではスルーされるのが常だったのに、本当によく公開に踏み切ったなぁと、逆に感心してしまいます。

>日本のフィギュアブーム(なのか?)に乗ってみたのかしら??

あっなるほど~だから公開することになったんですよ、きっと!
フィギュア・ファンが見て怒らないとも限らないけれど(笑)

>ウィル・フェレルって「プロデューサーズ」でしか観たことないし(「主人公は僕だった」も観たかった!)、顔はいまいち苦手なタイプなんだけど、な~んか気になる!香ばしい2人組。冬休み明けまで公開しててくれーー!

ウィル・フェレルの『主人公は僕だった』、見たかったです~これも飛行機の中でやってたんですが、時間切れ(;;)
そして私も彼の顔はちょっと苦手…(^^;)
この映画の彼は、相当暑苦しいですよ~(笑)

フィギュアブームに乗って、せめて寒い間は公開されていて欲しいですね!新春映画が増えてくるまでは大丈夫ではないでしょうか。

2007/12/23 23:32 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/672-dee5fab2

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。