--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/29 (Sat) 【SWEENEYTODD:The Demon Barber of Fleet Street】(スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師) ― 3―

キャストについて書いてます。
キャストによっては、重大なネタバレを含んでいますので、ご了承の上でお願いします!

<ジョニー・デップ>
予告編でも、好きな歌い方だなーと思っていましたが、本編も良かった!
上手い下手じゃなくて、役のなりきりっぷりがさすが!
コブシがよくまわるし、迫力もあるので、舞台もやればいいのにー。

<ヘレナ・ボナム=カーター>
歌声は弱いけど、ブリブリっとした歌い方とロリな雰囲気で押してました。
この映画の何が怖いって、彼女のラスト映像が一番恐かったかもしれない(笑)

umibe.jpg

<アラン・リックマン>
ナカトミ・ビルディングから突き落とされた時は、ブルース・ウィリス「けったいな!」と叫びました。
小刀で心臓を一突きされた時は、ケヴィン・コスナー「ご無体な!」と叫びました。
あれから20年、ジョニー・デップが一番ハデにトドメを刺してくれました…やっぱり微妙に正視できなかった(苦笑)
そしてそして20年ぶりに、息絶えるまでひっぱりまくるアランさんが復活(笑)

ツボだった!この映画の彼はツボった!
おティムアランの良さを最大限引き出した撮り方をしてたと思う!
もーおティムったら分かってるぅ♪
セリフ回しや表情も、どこかいつもほど構えすぎず、軽めで良かった。
アンソニーに対する「Come in!Come in!」の笑顔と言い方とか、「Kill me! Here I am!!」(セリフうろ覚え)の迫力とか、とりあえずアンソニー相手(笑)になんか言ってる時のアランが良い!
トッドの手中にありながら、呑気に口ずさみ、まどろんでいる表情なんて最高!

歌はね、メロディに乗せてコブシ効かせるのは苦手な声質だと思うんだけど、早口でしゃべるように歌うところ、カチカチのブリティッシュ・イングリッシュが聞き心地良かった!
あとは、リシパパfrom『パフューム』とかぶっちゃうかもしれないけど、ジョアンナとの絡みがもっと見たかったなぁ。

<ティモシー・スポール>
ほとんど歌がなかったけど、絵に描いたような、ねちっこい悪人笑顔がステキだった!
巨悪の金魚のフン的な役回りが、板につきすぎていて右に出るものは居ないんじゃないかという…(笑)
STTV3-29.jpg

<サーシャ・バロン・コーエン>
ボラットの面影なし。でも巻き舌ピレリ役はめちゃめちゃ似合ってた。
ボラットを使おうと思ったおティムの発想の自由度がステキ。
舞台ではどんな感じの役なんだろうなぁ。
sasha.jpg

<エドワード・サンダース>
トビー役の子役なんですが、歌が琴線に触れてくる素晴らしいものだったので、思わずネット上で彼のこと色々調べてしまいました。でも全然情報ないの~(;;)
レミゼのガヴローシュ辺り演じていて、引っかかって来ないかなぁと期待したんだけども。
劇中では、クレジット3番のアランより、彼のほうが活躍度高いです。
重要な役どころだし、海外の鑑賞者の目にも留まっているみたい。気になるわぁ~ホント。
lovetttoby.jpg

<ローラ・ミシェル・ケリー>
ずっとアランファンサイトの方で、「スウィーニー・トッド」という映画は追いかけていました。アラン視点で。
でもやっぱりミュージカル映画なので……他にもお目当ての俳優さんは出てたりするわけです。

彼女は、歌も上手くて可愛くて、憧れの存在。
観に行ったミュージカルのパンフレットで、スウィーニーへの出演を知りました。
その時は、こんなに大きな役だとは思わなかったけれども。
が、見進めるほどに、「あれ?あんまり歌がない役……!?」という疑問がムクムク。
でも終盤に差し掛かって、乞食の歌が上手いんで、なるほどね……と。
やっぱりミュージカル俳優の歌い方と、映画俳優の歌い方は全然違う。
ジョニーやヘレナももちろん役に成りきっているけど、彼女の場合は技術の高さも一目瞭然。
「メリー・ポピンズ」メリー「ロード・オブ・ザ・リング」ガラドリエルなどのオリジナル・キャストとしての評価が、今作への抜擢へとつながったのでしょうね~。
laura2.jpg

<ジェイン・ワイズナー>
アイルランドの無名の新人女優らしいです。
多分この作品は全キャスト自前の歌声だと思うのですが、彼女も本当に小鳥のような透き通った美しいソプラノ!
無表情っぷりが、アダムス・ファミリー時代クリスティーナ・リッチとかぶります。
絵に描いたような美女というよりは、ティム・バートンの世界に住んでるアニメ風少女のニオイがぷんぷん。
この歌声なら、将来ウェスト・エンドでクリスティーヌとか普通にやってそう。
stshoto.jpg

<ジェイミー・キャンベル・バウワー>
一部で大人気のジェイミー君(笑)
相当なヴィジュアル系ですよ、この方。
歌声はクラシックではなくポップよりですが、彼の持ちナンバーはそれで正解かと思われ。
変にクラシック風に歌える、少し年のいったオジサンがこの役をやってたら、全てが崩れていたことでしょう(笑)
アランとの絡みが多かったね。美少年をいたぶる美中年……イケズな感じです(?)
jamiealan.jpg

スポンサーサイト

Cinema 2007 | trackback(0) | comment(4) |


<<2007年観た映画リスト | TOP | 【SWEENEYTODD:The Demon Barber of Fleet Street】(スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師) ― 2―>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No subject 

もう観たんすね。
私は公開まで観られないので、さくっとしか読ませていただいておりませんが・・・。
やっぱアレですよね~。
観る前に事前情報を入れすぎちゃ良くない!(笑)
特に映像は直接的過ぎるから。
私も公開までガンバリます・・・オリジナルを知ってるから既に半分は損してるかもしれないけど。(苦笑)
と言いながら、某所で情報提供してきちゃいました。
だってアランは紙モノの情報が少ないから、貴重だと思って。

あの~、この機会にリージョン1のDVD観てみるつもりない?

2007/12/29 08:59 | みんと [ 編集 ]


うおっ! 

なんの「うおっ」かはさておき(笑)
もう観たのですか???試写会??うらやまし~!

私はガンガン読ませていただきました。だって、我慢できない・・。
なぜか映画は結構平気かもです、ネタバレ。
実際に観てからがっかりしたことがないからかもですね。
これから先「がっかり」することがあれば、態度改めてネタバレ我慢します(笑)

さてサントラを聞きまくっているのでe-330歌声に関して
うんうん。なるほどね~と思いながら読ませていただきました。

トビー役の子。
プレミアの画像見たとき「ラブアク」に出てくるクリスマスコンサートの司会やってる、学校の先生に似てる!(長っ)って思っちゃって。
でもホントに歌声は可愛くて子供らしくて、聞き入っちゃいました。

サシャ・バロン・コーエンの巻き舌使う歌い方も、↑の画像にぴったりですよね~。かなり濃い役なんでしょうね?とりあえず見た目はかなり濃い!

で!
「うおっ」はここなんですが。
>一部で大人気のジェイミー君(笑)
その「一部」で~す(笑)
いや~。
もう見た目でもかなりやられたんですけど、サントラで再度やられましたね!私としては見た目とのギャップが!
早く大画面で動く歌うジェイミー君を観てみたいです♪


・・・・あ、あれ?無駄に長いコメントしておいて、アランのことは??

2007/12/30 01:07 | emiママ [ 編集 ]


風邪なおりました? 

>みんとさん

>観る前に事前情報を入れすぎちゃ良くない!(笑)
特に映像は直接的過ぎるから。

舞台と違って映画は、映像見ちゃうとそのまんまですからね~(^^;)

>オリジナルを知ってるから既に半分は損してるかもしれないけど。(苦笑)

でも演出は違うから、きっと大丈夫ですよ!
おティム独特の世界は堪能できるはず♪

>と言いながら、某所で情報提供してきちゃいました。

…某所?みんとさんのホムペ等色々見てみたけど、分からなかった~(;;)
あっそだ、もしよろしければ、ネイサン・ブログとリンクさせてくださいv

>この機会にリージョン1のDVD観てみるつもりない?

ナンだろう?(笑)
リージョン1のDVDもらっちゃったりして、PCの一つは1仕様にしてもいいかな~とは思ってます!

ではでは今年もよろしくお願いします~♪

2008/01/01 18:22 | nana [ 編集 ]


 

>emiママさん

試写会で観てきました~でもアランに当てられて、風邪引きました~;

>実際に観てからがっかりしたことがないからかもですね。

確かにそれならネタバレも恐くない!
でもアランなら何度見ても飽きないから、アランに関してのネタバレは全然OKかと思われます!

>サントラを聞きまくっているので歌声に関してうんうん。なるほどね~

サントラいいなぁ。
アランの写真いっぱい載ったブックレット付きの豪華版とか出ないかしら。
そしたら即効買うのに!

>トビー役の子。 「ラブアク」に出てくるクリスマスコンサートの司会やってる、学校の先生に似てる!(長っ)って思っちゃって。

あっ似てる!(笑)
PLでもアランと共演してた、アダム・ゴドリーさんですよね!
トビー役のエド君の歌声は、本当に澄んだボーイ・ソプラノで聞かせます♪

>サシャ・バロン・コーエンかなり濃い役なんでしょうね?とりあえず見た目はかなり濃い!

見た目も演技も濃かったっす。
ムダに巻き舌でした。

>その「一部」で~す(笑)
もう見た目でもかなりやられたんですけど、サントラで再度やられましたね!私としては見た目とのギャップが!
早く大画面で動く歌うジェイミー君を観てみたいです♪

ジェイミー君が出てくると、emiママさんのことを思い出しました(笑)
すでにかなり映像見られているかとは思いますが、映画の中の彼はかなり麗しい美少年でした!是非是非大画面のジェイミー君を堪能してきてください♪

2008/01/01 19:10 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/679-2a119cf0

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。