--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/02 (Sat) 黒い女はカワイイ―歴代CABARET

こうやって横道に逸れてなかなか書きおわらなそうだったから、始められなかったんだよ~キャバレ(笑)

フランスの本格輸入ミュージカル第一弾。

「ミュージカル」=「エンターテイメントで、“芸術”ではない」と捉える節のあるフランス。

そんな土壌に、もろにミュージカルミュージカルした作品を持ち込むのは無粋というもの。
うらぶれた雰囲気の本作を選んだのは正解だったと思う。
フランス人にとって痛いところ(史実)を突く社会派な一方で、ブラック・コメディ。
風刺作品では、「シカゴ」かコレかなぁと思うけど、やっぱりヨーロッパだったら「キャバレー」だよね。

そんなわけで、ちょっと前に「何百回観たか!」ってくらいハマった、アラン・カミングEmceeを務める98年ブロードウェイ版「キャバレー」の演出が、そのままフランス語になりました。

話それるけど、この98年版サリー役(英語版)、色んな人がやってんのね。
WE「シカゴ」ロキシーも演じたブルック・シールズはまだ分かるものの、初代ナターシャ・リチャードスンも個人的には驚きなのだが、今はまりにはまっているドラマ「デスパレートな妻たち」テリー・ハッチャー(萬田久子の吹き替えがむずがゆくて堪らない彼女)も演じていたのには驚愕!
向こうの人は、あっちとこっちの往来自由ですな。

ナターシャ&カミング(←変態v←嬉しそう)
cabaretalannatasha.jpg

ブルック・シールズ(ちとインパクト薄い?)
brookeshieldscabaret.jpg

テリ・ハッチャー(あのね、キャラはすごい分かる(笑)、合ってると思う)
tericabaret.jpg


この「キャバレー」という作品、ジャジーな音楽に、ダーク&シンプル&エロい演出がむちゃ好み。
「シカゴ」曲、ダンス、演出が好きなので、なるほど作曲家や演出家がかぶってる本作もツボに入るはず。
てか「シカゴ」もね、「映画版の方が好き」っていう意見が周囲に多くて、「分かるけどぉー、んでもやっぱ舞台なのよぉー!」とホントは色々語りたいことあるんだけど、それはまた別の機会に(笑)

いかにもミュージカルらしい華やかな舞台づくりも、別に嫌いなわけではないです。
ちゃんとオーケストラで組まれた荘厳な音楽も、嫌いなわけではまったくないです。
つーか好きです。
でももし自分がミュージカル俳優だったら、ロイド・ウェバー作品中のヒロインより、サリー・ボウルズやロキシーやヴェルマを演じたいと思う気がする…(笑)
本能的に「カッコイイ!」って思えるんだもん、ジャジーで退廃的でカワイイ女。

スポンサーサイト

CABARET | trackback(0) | comment(0) |


<<CABARET 【London WEST END】 | TOP | CABARET ― Le Musical de Broadway 【FRANCE】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/695-27db3aac

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。