--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/09 (Sat) 人生はキャバレー!【STAGE】- TOKYO

cabaretcomp.jpg

人生はキャバレー!何でもありよー!

っていうのを、ある意味で一番体現していたかもしれない(笑)

他の2演出とは全く物差しが違うというか、松尾スズキワールドでした。
「キャバレー」という囲いの中で、世界中のどの演出よりも遊んでいるのは確か。

ストーリーや曲は「Cabaret」だけど、お米券とかパイナポーとかドッキリ大成功―!とか、細かい脚本(セリフ)は、もういちいち内輪(日本)ウケ。

間の取り方から、ひいてはシーンの意味まで違ってくるような演出の数々。
セットや衣装もカラフルで、ジャジーでダークなイメージはどこへやら。

実は3演出の中で一番お金かかってるかも。
フランス版は「キャバレーらしさ」にお金をかけていたけど、日本版は独自ネタにコスト使ってる感じです。
「Money」各国通貨の衣装&セットなんて、一瞬しか出ないのに豪華だったし(苦笑)
「プロデューサーズ」の劇中劇、「ヒトラーの春」に出てくる、ビールプレッツェルに匹敵するバカバカしさ(笑)

japcab3.jpg

配役された俳優のイメージも、それぞれ欧米版とは別物。
特にサリー、MC、シュナイダー、シュルツは(ってメインほぼ全員じゃん)、別人だわさ(笑)

クリフくらいかな、どこの国でもあまり変わらないのは。
クリフの個性がハジケないのは、舞台上で唯一ノーマルでなければならないから。
とはいえ森山君のクリフは、演出が演出だから、ノリツッコミとかやらされてたけど(笑)

絶対に欧米人には出来ない演出だと思うので、これはこれで貴重かも。
なぜあえて、松尾スズキが「キャバレー」なのか?っていうのは、ロジックで考えると謎ではあるけど、本人が好きでやりたいってんならもう、それで理由になっちゃうんだろう。

言葉で伝えるのがすごく難しいなぁ、これ。
「大人計画」の舞台を観たことある人には、分かっていただけるのだろうけど。
というか、普段からそっち見ている人にとっては、松尾節が中途半端という説も。
でもこれだけ完成された演目を、これだけ壊すのも、結構大変だと思う。

演出の細かいところまで契約に込められた正統派輸入ミュージカルは、出来るだけ本家に忠実に作ってしまうし、縛りのユルイ契約または来日公演だと、本公演に追随する廉価版みたいになっちゃう。
ここまで確立した演目を、お金を使って壊すには、もうひとつの強烈な個性をぶつけるしかないんだよね。
ビッグバンみたいに。

japcab4.jpg

各所にミニコントが繰り出され過ぎて、ラスト重唱のシリアスさとか、ナチスの登場が浮いているような感はあったけど、そのアンバランスさも含めて、「松尾スズキのキャバレー」なのかなと。

ヨーロッパの舞台でナチスが出て来た時の過敏な反応(今度別の演目で触れますが、場合によっては観客の反応が本当に顕著)とはまた違う、「気まずい空気」は、日本ならでは?

映画や海外での舞台をまったく観ずに、初めて日本版の舞台を見た人に残るもの、印象ってどうなんだろう?と、ちょっと興味あります。
ストーリーそのものも残るのかな?それともコントが?意味不明なネコの着ぐるみが?

あっちなみに歌詞の訳はムリに直訳ではなく、オリジナリティが勝っているためか、そんなに違和感なかったです。
オープニングは「ヴぃるこーめん、ようこそ~、うぇーるかーむ♪」になっていたので、真ん中のフランス語が淘汰されていました。
まっ確かに日本語突っ込むなら、そこしかないわ(笑)

結果として「キャバレー」という素材を、活かしたのか殺したかは分からん……むしろ松尾スズキ返り討ちに遭ったのかもしれないし。
でも中途半端に本場に倣った舞台が一番見苦しい気もするので、そういうのは無くて良かった。
松尾演出でそんな普通の見せられたら、発狂しちゃう。

スポンサーサイト

CABARET | trackback(0) | comment(0) |


<<Emcees【CABARET】Paris-London-Tokyo | TOP | Life is a CABARET!【STAGE】-LONDON>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/702-7d28c105

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。