--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/14 (Thu) Ensemble 【CABARET】 Paris

↓日本版パンフレットに載ってた写真。キャチーさんも紹介されてたよん。
18pamph.jpg

さて、クリフすらまとめてアンサンブル扱い(笑)

パリのクリフUnderのフィリップだったのですが、えらい好みだったのよねー見た目がねー馬顔で(笑)

歌がどうとか、あんまり覚えてない。顔しか覚えてない。←相当ひどい。
とはいえ、あのどぎつい雰囲気に気おされ気味な、生真面目な作家志望のアメリカ人(というよりイギリス人?)の感じは出ていたと思います。

シュナイダーシュルツのコンビは、フランス版がダントツで上手かった!
ていうかフランス版は全般的に、かなり強烈にフランス人ミュージカル俳優の底力を見せ付けられた感じ!

みんな上手いんだ、年なのにバリバリ声出るんだよ。
ウェスト・エンドでも滅多にいないよ。
フランスのシュルツさん(Under)は可愛いおじいちゃんで、だからこそ最後とても切なくて、涙を誘いました。

Page 14


―出待ち小話―

出待ちの時に、ファビアンにサインもらってる最中に、クリフ役のフィリップが出て行っちゃって、「あっあっ…」っと挙動不審に陥る私。
「クリフの役者さん…」みたいな拙いフランス語のつぶやきをしたら、人気者のファビアンには大変とてつもなく恐縮ながら、人の良さげな彼は、「フィリップ呼ぶ?呼ぶよ?」と大変快く帰りがけのフィリップを呼び戻してくれました。ありがたや~。
「ファビアン王子にUnderの俳優さんを呼ばせる」というのも、そこはかとなくシュールでオツなものです。うん。

「Chance!」の時は何でか全然絡みませんでしたが、超好青年でした。さすが王子。
少し黒いエティエンヌよりどす黒いEmceeより何より、ラウルがしっくり来るだけのことはある(笑)
ファビアンジェラルド・バトラー主演の映画『オペラ座の怪人』フランス語吹替でラウルの声やってるのら)

そういえば、何となくだけど現WEラウルAlexにかぶらないこともないかも……っていう、どっちつかずの書き方するくらいなら書かなきゃいいのに。
でもちっちゃくて筋肉質&キュートな顔立ちが似てるんだもん。

スポンサーサイト

CABARET | trackback(0) | comment(0) |


<<Ensemble 【CABARET】 London | TOP | Sallys 【CABARET】 Paris-London-Tokyo>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/707-2b615026

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。