--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/03/08 (Sat) 【The Prestige】(プレステージ)

出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン、パイパー・ぺラーボ、レベッカ・ホール、デヴィッド・ボウイ、アンディ・サーキス
監督:クリストファー・ノーラン
製作年:2006
製作国:アメリカ
prestige.jpg

なんつーか何から書き始めたら良いか迷うほどにツボ多発映画ですが、とりあえずデヴィッド・ボウイヒゲをプラスするとアラ不思議!
普通の初老紳士になっちゃうよ。地球に落ちてきた男じゃないよ。根っから地球じみた男だよ。
う~ん、ミラクル。
でも演技に説得力があったなぁ。人を驚かす云々、飽きられると云々のくだり。

マイケル・ケインは、年のせいかキャラのせいか、いつも同じ立ち居地にいるような気もしますが、良い出汁が出ているのでグッジョブです。
ケイン以外の誰が、あの役を演じられるというのでしょうか?
モーガン・フリーマンくらいしか浮かんできません。←役割かぶってる人いるやん。

あとクリスチャン・ベイルは良い俳優なんだなぁと、しみじみ。(いまさら?)
ヒュー・ジャックマン器用で華やか~なのとはまた違う魅力があって、今回の配役は大正解すぎる。

俳優ばっか突いてって申し訳ないがけど、『コヨーテ・アグリー』パイパー・ぺラーボが、イマイチぱっと花開かないキャリアを送っていて、ちょっと侘しい。今回の扱いもねぇ、微妙。
あっゴラムが素で出てたね。アンディ・サーキス

そんでスカジョですよ。えろい~衣装が意図的~。
ヒューベイルもさ、スカジョを前にしてはもうオジ様なわけで、ここでも危険な香りがふんわり。
今回は役柄上そこまで絡んでなかったけれど、ヒューとはウディ・アレンの映画でも共演してるから、そっちではもっと絡んでるところが見たいなぁ。

映画そのものの感想を…。
どんでん返しが命なストーリーなので、上映時間の限界までどんでん返しまくった感じですね。
ちょっと長い。

でもこう、花びらをスキ・キライ・スキ・キライ……とむしっていって、結局どっちに落ち着くのかな~っていうのと同じで、ひっくり返ってはまたその裏っていう繰り返しだから、ラストまで興味深くは見られたけど。

ただ「どんでん返しのトリックそのものが予測不能で面白い」っていうのではないね。
伏線とかは、結局はどっちが勝っても通るようなものしか用意されてないし、理詰めで最後の勝者を予測できるものではない。
極端に言っちゃえば、あのラストにもう1(どんでん)返し付けることも、もう2返し付けることも可能なわけで…。
ヒューとベイルの役どころが「ライバルのマジシャン同士」って言う時点で、キリがないっちゃないんだよね。

増えるワカメちゃん状態なヒューや、ベイルの秘密もどうかと思ったし、あんたらどっちもどっちやー!という話ですが、余ったヒュー1人くださいvv


プレステージ コレクターズ・エディションプレステージ コレクターズ・エディション
(2008/01/01)
アンディ・サーキス、デヴィッド・ボウイ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2008 | trackback(0) | comment(2) |


<<WICKED【Intro.】12.Sep.2007 | TOP | ZORRO【STAGE】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ブログが春に合わせて模様替えですね。
19世紀末のロンドン、舞台(ステージ)という場所で、ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールという個性の異なる豪華2大スターが演じる、2人のマジシャンによって繰り広げられる迫真の争い、緊迫する心理合戦、幾重にもトリックが仕掛けられたストーリー展開に愛と憎しみが絡み合い・・・と言った感じで引き込まれたのですが、途中でトンデモ機械が発明されヒューが増えるワカメちゃん(笑)になった時点で、それまで描かれていた、互いに芸を競い合い極めていこうとする姿やストーリーの真実味が急に薄れSFチックになってしまってちょっとハア?ってなってしまいました。原作がそうなら仕方ない。
ああ、でもヒューの燕尾服姿は肩幅があるので颯爽として素敵でしたよね。Earlさんのsunset boulevardの時の衣装を思い出しました。(実際は見てないけど)
ヒューも演じてましたよね。
身長があり胸板が厚く肩幅のあるタキシードとか燕尾服が似合う男性って素敵。(結局満足、笑)

2008/03/16 21:18 | MINA [ 編集 ]


 

>MINAさん

>ヒューはきっと余りませんよ(笑)

ですよね(笑)
あぁあのうちの1人でも助け出してあげたい。
もったいない。←?

MINAさんもご覧になっていましたか~。
ロンドンやらショーやらヒューやら、確かに私たちの感性(←すいません、同類にしちゃった・汗)をくすぐる設定がいっぱい。

>途中でトンデモ機械が発明されヒューが増えるワカメちゃん(笑)になった時点で、ちょっとハア?ってなってしまいました。原作がそうなら仕方ない。

あれはね~ちょっと興ざめでしたね(苦笑)
当時としては逆に自然だったのかもしれないけれど、あぁいう未知の装置。
今見るから変な現実味があるのかも。
クローンとか。

>ヒューの燕尾服姿は肩幅があるので颯爽として素敵でしたよね。Earlさんのsunset boulevardの時の衣装を思い出しました。(実際は見てないけど)
ヒューも演じてましたよね。

ヒューも下地はガッチリしてるんで、スーツ着るとスラっとしてカッコイイです。
実物みたら、メチャクチャ足長いんだろうなぁ。

Sunset~のEarlさん見たかったなぁ。
燕尾服とかスーツを着てる役がいいな、やっぱり。
黒くて蝶ネクタイで←きっとファントムのことを思い浮かべてる。

>身長があり胸板が厚く肩幅のあるタキシードとか燕尾服が似合う男性って素敵。(結局満足、笑)

まったくもって(笑)
日本にもあぁいう男性が見られる場が欲しいです。

2008/03/17 00:05 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/725-81deb275

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。