--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/03/19 (Wed) The Sound of Music 【STAGE】 11.Sep.2007 Soirée

WeddingVeil.jpg

マリア役をTVのオーディション番組で選んだ+アンドリュー・ロイド・ウェバーが関わる新作ってことで、宣伝効果は抜群。
本当は春の滞在で見たかったのですが、とことんチケットが取れず、この秋の滞在でも数日前にBox Officeに赴いたにも関わらず、Stallsは取れませんでした。
2階でも高い席だったので眺めは良いのですが、同じ料金払うならStalls派なのです~。

マリア役のコニー・フィッシャー目当てで来ている一般客(=特に舞台フリークでない客)の多いこと!
食後の余興にやってきたようなオジサマ&オバサマ方も、しっかりキャスト・ボードの前でコニーの名前を確認したり、売店の係員に聞いたりしていました。

もっといえば、終演後に係員が、「バックステージドアはこちらです。出演者の写真やサインが欲しい人はここで待ってください!」と堂々のご案内(笑)
スゴイ人気というか、小賢しいというか、Really Useful(笑)

ChildrenSalute.jpg

クラシックなミュージカルをどう料理してくるのかなぁと弱冠構えていましたが、石版のセット以外は、奇をてらわずスタンダードな演出でした。

石版というのは、レミでいう回転盤みたいなもの。
舞台いっぱいいっぱいの大きさがあるこの回転盤、ただ地面の上を回るのではなく、前後に傾斜したり持ち上がって立体的に回転したりします……なので結構な迫力。
この盤で、丘の上やアルプスの山々を表現していました。

客層はやはり年配の方が多かったです。
映画『サウンド・オブ・ミュージック』はその昔観て、もう細かいところまでは覚えていませんが、これを機に見直さねばと思っているところ。
もう結構忘れているはずなのに、歌いだすナンバーごとに聞き覚えがあったのは、さすが名作ミュージカル。
それは他のお客さんも一緒で、名曲が始まるたびに笑いが漏れていました。
うっかり一緒に鼻歌しちゃってるオッちゃんも。

Favoritethings.jpg

聞き覚えがあって耳に心地よくノれる曲の連続なので、飽きません。
そしてやっぱりストーリーも胸に詰まるものがあります。

キャストの演技や歌に関することではないのですが、一番印象的だったのは最後のコンクールのシーン。
「優勝はトラップ一家!彼らに拍手を!」という司会者のセリフで、素直に拍手と歓声を贈った観客。
しかしその直後「ナチス万歳!ヒトラーに拍手を!」と呼びかけたシーンで、素で本気のブーイングが客席から起こったのでした。
欧米圏で見るからこその反応だなぁと。

子役たちもみんな上手くて可愛くて、複雑なフリの付いた「ドレミの歌」は、ブラボーの嵐でした!
長女Liesl役の女の子も歌上手かったなぁ。
RolfとLieslの「Sixteen Going on Seventeen」は、恥ずかしくなっちゃうほど微笑ましかったです。

特に贔屓の俳優さんを見つけたわけでもなく、リピートしまくったり変にハマるミュージカルではないのですが、やっぱり名作だなぁ。

スポンサーサイト

Sound of Music, The | trackback(0) | comment(2) |


<<The Sound of Music 【MARIA RAINER … Connie Fisher】 11.Sep.2007 Soirée | TOP | The Sound of Music 【Intro.】 11.Sep.2007 Soirée>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

別に奇抜な演出があるとか派手さはないのですが、なんだか心癒される、家族の絆や愛、優しさが溢れ、またふと観たくなるミュージカルですよね。
私が観た時はコニーの声の調子がパーフェクトじゃなく、すこしかれ気味でしたが、当時人気絶頂、今のLee Meadみたいにオーディション番組で選ばれたスターだっただけに酷使され過ぎたせいでしょうか。
今はマリアはSummer Strallenが演じているようで、Earlさんの所のTheatre 247で歌っている姿が見れましたけど、この人も澄んだ美しい声の持ち主の様ですね。
イギリスの上品なおばあちゃん達が孫とか連れて観に来ていたのが微笑ましかったです。

2008/03/25 00:03 | MINA [ 編集 ]


クラシック・ミュージカル 

>MINAさん

>奇抜な演出があるとか派手さはないのですが、なんだか心癒される、家族の絆や愛、優しさが溢れ、またふと観たくなるミュージカルですよね。

そうそう、とてもスタンダードで、派手な仕掛けも、何かが飛び出してくるわけでもないミュージカルって、レミゼ以来な気がします。
曲とストーリーと子役で魅せてくれました。

>私が観た時はコニーの声の調子がパーフェクトじゃなく、すこしかれ気味でしたが、当時人気絶頂、今のLee Meadみたいにオーディション番組で選ばれたスターだっただけに酷使され過ぎたせいでしょうか。

あれ?MINAさんがご覧になった時もそうでしたか。
私が見たときもイケてなかったんですが、もう慢性的に不調が続いていたんでしょうかね?
そういえば、Leeも私が行った時ノド壊してました…

>今はマリアはSummer Strallenが演じているようで、Earlさんの所のTheatre 247で歌っている姿が見れましたけど、この人も澄んだ美しい声の持ち主の様ですね。

彼女、舞台では観ているのに、歌声を聴いたことありませんでした。
っていうか、「歌うんだ!?」ってそれ自体にビックリ☆
Earlさんと絡む女優さんでもあるのですね~。

>イギリスの上品なおばあちゃん達が孫とか連れて観に来ていたのが微笑ましかったです。

小さい頃にコレ観たら、出たくなっちゃいますよね。
そうして演劇人が増え、今日もWEは賑やか…

2008/03/26 00:31 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/736-e918767d

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。