--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/04 (Fri) 【No Reservations】(幸せのレシピ)

出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン、パトリシア・クラークスン、ボブ・バラバン
監督:スコット・ヒックス
製作年:2007
製作国:アメリカ
noreservations.jpg

2001年のドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のアメリカン・リメイク。
オリジナルは「ながら見」(99%ぐらいは見てなかった)してたけど、雰囲気は暗めで、アーロンの役の人がカッコよくないということだけ、ハッキリ覚えてる。

キャサリンアーロンというキャスティングが絶妙よね。
メイキングでは明らかにキャサリンの天下だったけど、劇中ではちゃんとアーロンがリードしていて、さすが俳優!と思いました。

キャサリンは好きな方なんだけど(特に『シカゴ』のヴェルマ)、この映画の彼女は年を感じて、あまり美しく見えなかったなぁ。
役のキャラ上、すっぴんに限りなく近かったからかな?

アーロン『カンバセーションズ』の方が子犬オーラが強烈で、くしゃくしゃにしたい感じでした。
あんまり顔がハッキリ見えすぎると、好みじゃないかも。(って、ぜんぜん褒めてないんじゃ)

アビゲイル・ブレスリンは大ブレークだね!
ちゃんと子役の力が必要とされる役ばかり演じていて、作品選びが上手い。
ダコタ・ファニングに飽きてきたアメリカ国民が、新たに見出した小さな宝石なのかしら。

見ようによっては可愛いだけじゃないとこが良い。
ちょっと太めだし、あんまり笑わなかったりするし。
『リトル・ミス・サンシャイン』での来日時に、新宿の某ホテルで行われたインタビューに同席していたので、何となく思い入れがある子です。

本当に普通の少女でした。
ダコタだったら、スラスラとノリノリでインタビューにも答えられちゃうんだけど、ちょっと恥ずかしそうに、まだあんまり自分の言葉を持っていなくて、普通の子供のテンポでポツポツと答えていたのが印象的でした。
これからも心の中で応援していこう。

映画ですが、予測していなかったわけではないけど、あまりに決まりきったストーリー・ラインでした。
最近コレ系のラブコメ多いですが、先が見えていても面白いヒューのラブコメは、やっぱり神業なんだなぁと改めて思う。


幸せのレシピ 特別版幸せのレシピ 特別版
(2008/02/08)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アビゲイル・ブレスリン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2008 | trackback(0) | comment(2) |


<<【ぼくたちと駐在さんの700日間戦争】 | TOP | 【BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN】(ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

>あんまり顔がハッキリ見えすぎると、好みじゃないかも。

あら、意外な発言。
カンバの時はかな~り買ってたみたいだったから。
でも、わかる。
私の場合、チラ見すると「いいかも」って思うんだけど、じっくり見ると「なんか違う」って。(笑)
演技はいいと思います。

>先が見えていても面白いヒューのラブコメは、やっぱり神業

そうですよね~。
これ映画にはかなり大事なことなんだと思います。
リピーターを産むような作品じゃないとヒットしないしね。
私にとって、先が見えていても面白い=何回観ても面白い、なので「ラブソング~」はあんなに・・・。(笑)

2008/04/16 11:00 | みんと [ 編集 ]


 

>みんとさん

>カンバの時はかな~り買ってたみたいだったから。

カンバの方が、ツボを押さえていました。
この作品、キャサリンもアーロンも、どっちも魅力的に思えなかったのです…。
撮り方の問題でしょうか…。

>先が見えていても面白い=何回観ても面白い、なので「ラブソング~」はあんなに・・・。(笑)

先が見えても面白い=リピート可、ホントですね~。
ヒューのラブコメは、基本全部そう。
何でもない芝居も、彼がやると面白いし、脚本も面白いものを選んでる(のか面白くしてるのか)
評価されにくいけど、とにかく偉大です~★

2008/04/17 00:10 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/748-4ade261f

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。