--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/06 (Sun) 【INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL】(インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国)

出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、イゴール・ジジキン、アラン・デイル
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作年:2008
製作国:アメリカ
indianajones4.jpg

「スパマロット」のアラン・デイルはどこに出てたんでしょうか、はて?

余談から始まって申し訳ないですが、公開直前ディズニー・シー行った時、アメリカ人の家族が来ていて、そこのお父さんがインディのコスプレしてたのが、激似で感激!
ズルイよねぇ~お父さん、外人だから、はまりすぎ。
そのうえ、顔もハリソン・フォード似。

絶対このお父さん、朝からこの格好で、グッモ~ニン!!って超ハイテンションで寝ぼけ眼の娘たちがハムエッグ食べているところに登場したに違いない!

と、友だちと妄想が止まりませんでした。

でもご存知の通りディズニーは、ハロウィン以外はコスプレNG。
「ハーイ!そこのジョーンズさん、ムチはしまってください」と注意されていました(笑)

インディ・ジョーンズのアトラクション乗る直前も近くに並んでいて、「あのお父さんと同じ車になったら、アトラクション中の撮影写真絶対買う!先頭に乗って欲しい!」と意気込んでいたのに、私たちファスト・パスだったので、追い抜いてっちゃった。無念はなはだしい。

チケット売り場で彼らが前に並んでいて、園内でも無意識に姿を探してしまって、遭遇率高いのなんのって。
インディのアトラクションの後なんて、微妙に待ち伏せしたからね(笑)
一緒に写真撮ってもらいたい、でも声かけづらい、ドキドキもじもじ。
で、結局撮ってもらわなかったんだけど、今思うと、インディ・ジョーンズ見かけて声かけないなんて、何て愚かだったんだろうと、後悔の嵐です。

インディに関しては悔やまれ続きで、ジャパン・プレミアも誘われてたのに行かんかった。
会社サボって行けばよかったー…。←

ハリソン・フォードは特別好きなわけではないのだけど(小さい頃は、海外俳優の代名詞的存在で好きだったかな)、インディ・ジョーンズというキャラは大好き!

小さい頃何十回観たか分からない、インディ・ジョーンズ3部作
インディのアシスタントが子供だったり(あのアジア系の男の子、今は製作側に回っているそう)、手を変え品を変え罠をしかける敵に、インディがどう応酬するかというドキドキ感に踊らされ、まぁ飽きずに再放送のたびに観ていたものです。

最近はニコラス・ケイジブレンダン・フレイザーもアドベンチャーを繰り広げていますが、やはりハリソンダンディなインディ(韻踏んだ)・スタイルには叶わないっす。

しかも大人になって見るインディは、「旦那様」として魅力的に映ったのが不思議です。
自分が年取った=インディも年取ってるわけで、よくよく考えると差は縮まっていないはずなんですが。
今回のインディは、「父親」「夫」としての描写が多かったせいかしら。

20年待っただけあって、話はかなり壮大なことになっていましたが、行き着く先はそこしかないか~と、どこか納得する気持ちも…。
この次はどうするつもりなんでしょ?

スタントは素晴らしいのですが、CGの粗さが目立ったのが残念。
大女優ケイト・ブランシェットを敵役に据えて何段か格調が高くなったかと思えば、核爆発のど真ん中、冷蔵庫ひとつで生き延びるインディに開いた口がふさがらなかったり。

豪快な滝落ちにも突っ込みしたい気持ちは山々ですが、インディ「お前はもう死んでいる」と告げたい欲求も満々ですが、「どうなの、アレ?」スピちゃんとルカちゃんに問いただしたくて仕様がないですが、瞳に星を宿して「映画って、いいもんですね」の一言で片付けられそうです。(ref.水野さん、ご冥福をお祈りします)

ショーン・コネリーが過去の人となっているのは寂しいですが、シャイア・ラブーフは妙な存在感があってスクリーン栄え&キャラクター栄えすると思うので、インディJr.に期待。

正統派な美少年じゃないところが、いいんだろうね。
スカーレット・ヨハンソンも、そういう意味で新しい時代の若手俳優という感じがして惹かれる。

日本でもそういう風が吹いているような。
アイドル出の整ったタイプより、松山ケンイチとか小栗旬とか宮崎あおいとか蒼井優とか、整いすぎてない味のある人が面白い。

本題に戻りますと、足の速すぎるトム・クルーズの上を行く現実感のなさでしたが、インディというキャラが堪らなく魅力的なのを再確認できたので、3年後くらいにまたハリハリには老体にムチ打って(言葉通りなのが悲しい)頑張って欲しいと思いました。

ポスターが絵なのが、いいね。

スポンサーサイト

Cinema 2008 | trackback(0) | comment(2) |


<<[アール・カーペンター]バトン | TOP | 【STORMBREAKER】(アレックス・ライダー)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

>~現実感のなさでしたが、インディというキャラが堪らなく魅力的なのを再確認できたので~

やはり観に行かなくては。
映画館で観てるのは、「最後の聖戦」だけなんですが、このシリーズは大画面推奨作品ですもんね。
ハリソンを知ったのは、「スター・ウォーズ」の1作目で、まだ小学生だったけど映画館で観ているという奇跡。
モチロン当時から、ルークよりハン・ソロ派。(笑)
それでも私もインディの方が好きです。

>冷蔵庫ひとつで生き延びるインディ

注目だわ。(笑)
心の中でツッコミながら観る映画も楽しいもんだよね。

2008/07/17 00:12 | みんと [ 編集 ]


The Hollywood☆ 

>みんとさん

みんとさんには、ぜひ映画館で観ていただきたい1作です!
最後の聖戦だけでも映画館で観ているのは羨ましいです☆

ハリソン自身も、インディという役柄への愛着が感じられますよね。

>心の中でツッコミながら観る映画も楽しいもんだよね。

えぇもう突っ込みまくってやってください。
突っ込みどころで構成された映画といっても過言ではありません。(えっ)

2008/07/18 23:47 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/811-3dc45b7b

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。