--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/07 (Mon) [アール・カーペンター]バトン

◆ルール◆
回してくれた人から貰った[指定]を[]の中に入れて答えること

指定は[アール・カーペンター]

肩幅こんなに広かったっけ?
手指がうとぅくすぃ~ね~

720050.jpg


◆最近思う[アール・カーペンター]

「ジャベールが観たい」

それに尽きます。

本人の印象に関していえば、兄貴キャラ、ですね。
初めの頃は、照れ屋で愛想がないイメージでしたが、今は真逆かな。
「がっはっは」って、漫画みたいに笑いそうなタイプ。


◆こんな[アール・カーペンター]には感動

スタッフのフリしないで、普通に俳優らしく振舞ってくれただけで感動です!

っていうのは冗談として…。

一番感動させられたのはやはり、最後の夜の最後の歌詞、“Music of the Night”

なぜそこに感動したかというと、初めて観た時から2年半の紆余曲折を見ていたから。
もがき変化し続けながら、“何か”を掴んでいく姿に心動かされました。


◆直感的な[アール・カーペンター]

ち、ちょっかんてきな!?

大工?


◆この世に[アール・カーペンター]がなかったら

ジェラルド・バトラーにはまっていたかもしれない。
月に何度もロンドンに通うことはなかったかもしれない。(在パリ中)
半年に一度ロンドンに通うことはなかったかもしれない。(帰国後)
このブログを開設していなかったかもしれない。
舞台熱は再燃していなかったかもしれない。
今知っている何人かの人々と知り合うことはなかったかもしれない。

だから、ありがとう。


◆[アール・カーペンター]をマイミクに渡すとしたら誰にする?

渡す……渡す?(笑)

もっとミュージカル界(世界的に)で名声を持っていてもおかしくはないと思うので、そういう意味では世の皆さんに渡したいですが、仮にもし私がアール・カーペンターをリアルに持っていたとしたら、誰にも渡したくないなぁ(笑)


◆回してくれた人に関して何か書いて

パリにいた頃、ロンドンにファントム舞台版を観に行こうかなぁ…と思い始めていたところ、「行く価値あり!」と背中を押してくれたのが、みんとさんでした。
それがなければ、今の私の色んなことが変わっていたことでしょう。

偶然にもアールさんに引き合わせて頂いたことに感謝☆

◆次に回す10人

10人!?はムリですが…

さわ…マット・ロウルで。
しおしづさん…ジェロームさんで。
Terranceさん…ケヴィン・スペイシーさんで。
藤尾ちゃん…「ウィキッド」(演目)で。
Ri-Koさん…アラン・リックマンで。(こちらもご覧になっているかな?)

強制ではないので、久しぶりのバトンを楽しみたい方、どうぞ♪

スポンサーサイト

Baton | trackback(0) | comment(8) |


<<ロンドンは今日も雨だった。 | TOP | 【INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL】(インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ご回答ありがとうございますっ。

>初めて観た時から2年半の紆余曲折を見ていたから

ひとりのファントムの、メイン起用から旅立ちまでを観られたなんて、すごいことだよねぇ。
ロンドンに住んでる人には、当たり前かもしれないけど。

ファントムって、多かれ少なかれ、人生を変える作品よね、ハマった観客にとっては。
私もそうだし、私が誘って連れて行った友人Sもそうだし、nanaちゃんも・・・。
偉大です。

>大工?

(笑)外国人のこういう姓って、やっぱ先祖はその職業だったりするのかな?
ジェラルドとか。(再笑)

2008/07/17 00:33 | みんと [ 編集 ]


 

マ、マ、マットでやるのっ?!私…笑

このアールさんの写真、確かに肩幅広いねぇ~。

>「ジャベールが観たい」

同じく!

>スタッフのフリしないで、普通に俳優らしく振舞ってくれただけで感動です!

同じく!!

>この世に[アール・カーペンター]がなかったら

この答え、ななちんとまったく同じになるよ、私の場合も。ロンドンでファントム観てなかったら、こんなにフランスに残ることもなかっただろうし。人生変えられちゃったからねぇ。笑 それに、ななちんと私を引き合わせてくれたのはアールさんのおかげさもんね。感謝、感謝。

バトン、時間が出来たらやってみるねん。もう、私の頭、四六時中マットだから!w

2008/07/17 02:03 | さわ [ 編集 ]


 

Earlさんってつくづく凄い人だな~。ファントムだったと言えこんなに沢山の人の心を魅了して、そのくせ本人は本当にひょうひょうとしてるというか、本当に職人みたいな人だよね。
WEファントムは私はScott Daviesが初めてで衝撃を受けて、Phantom of the Operaという作品を知り、JOJ、映画と来てその魅力を再認識して、Earlさんのファントム・・・という感じですが、ファントムはその時々の素晴らしい才能の演者が演じる役だけど、Earlさんの激しくて情熱的、かつ繊細な表現のファントムが好きだったよ。
他にも歌、演技などパフォーマンスだけをとってみれば素晴らしい人は沢山いると思うけど、彼の演技に対する情熱と姿勢、表現、深い声に魅了された。そして優しくて頼りがいのあるヒーローみたいな雰囲気にも。。。

Earlさんのファントムまた観たい?いえいえ、彼の素晴らしい怪人は私の心の中にあるし、今のジャベールも素晴らしいからあまりそうは思わない。
きっとnanaさんもそうだよ、パフォーマーとして躍進続けるEarlさんに感動すると思う。
ゴロゴロする??あーあのJaverts Suicideのラストの回転台の事ね。笑
そうか、歌に惹き込まれていてそんなジャベの萌えポイント見逃してたよ。笑
Earlさんのカツラのリボンの先が縦ロールなのが、大男のEarlさんに似つかわしくなくてなんだか可愛くて微笑ましかったけど。。。

2008/07/17 21:45 | MINA [ 編集 ]


 

うぉ!ゴメンちゃいな。
nanaさんのご心配通り・・・アチラに行っておりました(汗だくだく)
emiママさんに教えてもらって気付いた・・・そんなダメなオイラです。

今更・・・本当に今更なんだけど・・・・・・
ブログでバトンさせてもらっちゃいました。
難しかったよ。直感的なとマイミク・・・・・・・・。
バトンに不慣れな輩なもんで余計に見当はずれなバトンかも。

ありがとぉねん。

2008/07/18 13:08 | Ri-Ko [ 編集 ]


久々にやると… 

>みんとさん

久々にやると楽しいもんですね、バトン。
しかもお題がアールさんv
仕事中も考えてましたよ~♪
回していただきありがとうございました~!

>ひとりのファントムの、メイン起用から旅立ちまでを観られたなんて、すごいことだよねぇ。

日本の芝居でもここまで観ないですからね(笑)
アールさんにはひきつけられました~どれだけ散財したかと考えると、恐ろしいですが(旅行代金含め)

>ファントムって、多かれ少なかれ、人生を変える作品よね、ハマった観客にとっては。

ホント、すごいことです。
演目という性質上、一過性のものでもないし。
今後も機会を見ては観に行くんだろうなぁと考えると、不思議な感じ。

>外国人のこういう姓って、やっぱ先祖はその職業だったりするのかな?
ジェラルドとか。(再笑)

あぁ、バトラー!
イギリス系の苗字に多いのかしら?

2008/07/19 00:02 | nana [ 編集 ]


マ、マ、マットで!! 

>さわ

>ロンドンでファントム観てなかったら、こんなにフランスに残ることもなかっただろうし。人生変えられちゃったからねぇ。笑 それに、ななちんと私を引き合わせてくれたのはアールさんのおかげさもんね。感謝、感謝。

そうか~さわの人生を変えたのは、ローホンとその仲間たち(?)かと思ってたけど、アールさんも大きな影響を及ぼしているのねん。
ということを、アールさんはまったく関知してないよね。ちょっともね(笑)

>バトン、時間が出来たらやってみるねん。もう、私の頭、四六時中マットだから!w

おう!楽しみにしてるで~♪

2008/07/19 00:04 | nana [ 編集 ]


Challenge makes evolution 

>MINAさん

>こんなに沢山の人の心を魅了して、そのくせ本人は本当にひょうひょうとしてるというか、本当に職人みたいな人だよね。

そうなんですよ~本当に本人は、我関せずというか、ファンに興味ないのか…。
ま、いいや。そういう人なんだ(笑)←成長した。

>パフォーマンスだけをとってみれば素晴らしい人は沢山いると思うけど、彼の演技に対する情熱と姿勢、表現、深い声に魅了された。そして優しくて頼りがいのあるヒーローみたいな雰囲気にも。。。

そうですね、技術的には上手い人というのはたくさんいますが、オーラで人を魅せる人はなかなかいません。
最近では、ますますファントムは演技だったと実証するようなはっちゃけぶりも披露していることですし(笑)、そういう全てを含めて惹かれますね。

>Earlさんのカツラのリボンの先が縦ロールなのが、大男のEarlさんに似つかわしくなくてなんだか可愛くて微笑ましかったけど。。。

あーリボンに縦ロールみたい…。
バルジャンと取っ組み合う彼も、すべてが見たい~(><)

2008/07/19 00:28 | nana [ 編集 ]


とんでもないですー 

>Ri-Koさん

>今更・・・本当に今更なんだけど・・・・・ブログでバトンさせてもらっちゃいました。

あの、投稿日時は7日なのですが、実際にアップしているのはおとといくらいです!
なので、まったくもって今更じゃないです~!
むしろ恐縮させてしまって申し訳ない…。

>難しかったよ。直感的なとマイミク・・・・・・・・。
バトンに不慣れな輩なもんで余計に見当はずれなバトンかも。

そそそ、このバトン「直感」とマイミクに渡すなら、の項がやけに難しい。
私も的外れな答えしてるのかも~と不安になりながら書きました。

何はともあれ、お答え頂きありがとうございます!
教えてくださったemiママさんにもありがとうございます♪

2008/07/19 00:32 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/812-9f23bf8d

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。