--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/17 (Thu) 【The Happening】(ハプニング)

出演:マーク・ウォルバーグ、ゾーイ・デシャネル、ジョン・レグイザモ、アシュリー・サンチェス、M.ナイト・シャマラン
監督:M.ナイト・シャマラン
製作年:2008
製作国:アメリカ
happening.jpg

監督でも名前を書き、出演にも書き…ホントにね、この人はもう(笑)

一言感想ー!どーん!

「待ちぼうけ映画」

オチを待ち続けました。
エンドロールの直前まで待ってもなかったので、エンドクレジットの後まで待ってみたけど、結局それはやってきませんでした。

この監督の作品、実はあまり見てなくて、『シックス・センス』『ヴィレッジ』くらいのもん。
その2作は結構楽しんだけど、作品を経るごとに評判が悪くなっていく監督のことだから、まぁこんなもんかなと。

自分で自分に、「オチが命の映画」に飽きてしまったのだろうか。
オチのない映画を、よくハリウッドが彼に撮らせてくれたね、と変なところに感心してしまったり。
これ監督が彼じゃなかったら、C級映画として華麗にDVDスルーでしょう。

ニューヨークの町の真ん中で、突如人は言葉を失い、方向感覚を失い、そして自らの命を絶っていく。
そんな超常現象は、徐々に地方部へ、そして地球上に広がり…。

ということで、まぁ自殺方法のバラエティが豊かだこと。

体調が万全の時に観た方が良いです。
映像そのものが衝撃的だし、見せ方がお化け屋敷風味で、音響やら何やらが過剰にストレスフル
ドキドキハラハラの連続というのは間違ってないが、見終わった後かなり心臓が疲れたし、見慣れる前は気分も悪くなりかけた。

まぁ夏にぴったりという見方もあります。肝試し代わりにどうぞ!みたいな?

おおまかな意味で、人類に警鐘を鳴らしたかったという意思も(好意的に観れば)感じ取れるのですが、それよりもまず現象の不気味さを見せるところに企画の肝はあったんだろうなーと思わずにいられません。
その目的は大いに達成していたけれどね。

ラストはパリでした。でもああいうタイプの締め方をオチとは呼びたくない。
超常現象の原因はあえて特定していませんでしたが、劇中ちょこちょこと説明されていたアレがそうと考えてよいのでしょう。

ムードリングという小道具や、超常現象が発生するタイミングから、「不信」「怒り」が起爆剤なのかなぁとも思いましたが、だとすると始まりのシーンが説明できないんだよなぁ。
監督なりに細かいところに色々と象徴を埋め込んでいるんだろうなぁとは思うのですが、それに付き合ってくれるほど観客はヒマでないと思うので、全体的には評価下がりそう。

むしろ映画本編よりも、mixiのPC版ログイン画面の広告がやたらウマくない?と。(本心)

ところで今回の試写会は、ハプニングつながり(何のこっちゃ)で鳥居みゆきさんがゲストでした。
最初こそ「ギャー!」とマイクも割れんばかりの奇声を発して乱入してきたんですが、司会の襟川クロさんと絡むうちに、ものっそ普通の人になってた。

クロさんと鳥居みゆきによる、見事な個性の打ち消し合い♪
この日一番のハプニングは、それだったんじゃないかと。

っていうのも、今までの記者会見や試写会司会の様子を見る限り、クロさんってあんまり空気読まないタイプの人だと思うんですよ(笑)
上手くまとめようとしないし、司会なのに感情でモノ言っちゃうし(笑)
まぁそれが持ち味でもあると思うんですが。

鳥居さんの芸は、いわゆる「空気を読む普通の日本人」を相手にしてこそ「支離滅裂感」が際立っていたのね、クロさん全然拾ってくれないからネタ散らばっちゃって、ちょっと可哀想…と思いました(笑)

ホントに、テレビで見た時は「この人本気でヤバイのかな」くらい思ってたけど、そこそこ毒舌なだけで、わりと普通の人でした。そりゃそーか。なんだなんだ。夏だ夏だ。

スポンサーサイト

Cinema 2008 | trackback(0) | comment(0) |


<<【キサラギ】 | TOP | イベリコ☆フランコ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/824-8f7244f7

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。