--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/08 (Mon) The Phantom of the Opera 【STAGE】 06. MAR. 2008 Soirée

RAMIN-phantom.jpg

春滞在のファントム2回目。

ラウルがUnderだったにも関わらず、妙にAlexとルックスがかぶるため、気付くのに時間がかかりました(汗)
「なんか子豚ちゃんみたいなラウル~Alex太った?」と思ったらJohn Addisonだったという…(笑)

でもラウルのUnderって、いつでも安定してるイメージ。
むしろ1stより歌えることも多いくらい?
とはいえ見た目の王子度も大事で、1stはそこらへんキラキラ~☆オーラ振りまいてるんだけどね。

Raminは、この日はあんまり本調子じゃなかったみたい。
バックステージではずっと飴なめてたし。
それでも出すとこしっかり出てたけど。

前回見たときがキャス変直後だったから、かなり気合と丁寧さのこもった歌や演技だったのに対し、今回はNicRaminも、少し粗くなったかな~と思いました。
あとRaminは毎日演じていることによる、ノドへの負担もあるかも。

あとこれは良い悪いではないのですが、歌声について。
前は太く強いなかにもクラシカルな滑らかさがあったけれど、今回はもう少し粗めの、よりロック・ミュージシャンの歌い方になっていました。

自分でも「ロックなファントム」と公言しているみたいですが、メイン・テーマ「The Phantom of the Opera」では音程にアレンジも加えたりなんかして(まぁ当初からやってたけど)、意外とALWミュージカルでもロンドンでは遊んじゃっていいのね~みたいな(笑)

今まで見た映像&舞台ファントムはみな割りとクラシック寄りで、クラシックに歌えないアントニオ・バンデラスジェラルド・バトラーも前例に忠実に歌おうとしている印象はあった。

逆にRaminは、クラシックにも歌えるけれど、あえて壊そうとしている感じがする。
バンドのフロントマンみたいなファントムでした。
でもFinal Lairはしっかり泣かせるよね~彼は。

それぞれの俳優が色んな試行錯誤を重ねて個性を出していこうとすると、表現の幅が広がるから面白いなぁ。
これからも、観客の期待を良い意味で裏切っていただきたいです。

スポンサーサイト

The Phantom - Ramin Karimloo | trackback(0) | comment(0) |


<<The Phantom of the Opera 【Back Stage】 06. MAR. 2008 Soirée | TOP | The Phantom of the Opera 【Intro.】 06. MAR. 2008 Soirée>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/851-e01cc3d9

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。