--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/28 (Fri) 【ANGUS, THONGS AND PERFECT SNOGGING】(ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日)

出演:ジョージア・グルーム、アラン・デイヴィス、カレン・テイラー、アーロン・ジョンソン、スティーヴ・ジョーンズ、エレノア・トムリンスン、マンジーヴェン・グレウォル、ジョージア・ヘンショウ、キンバリー・ニクスン
監督:グリンダ・チャーダ
製作年:2008
製作国:アメリカ

angus_thongs_and_full_frontal_snogging.jpg

『ブリジット・ジョーンズの日記』のティーン版としてイギリスでベストセラーになった『ジョージアの青春日記』を、『ベッカムに恋して』のチャーダ監督が映画化。

これだけの情報で内容の想像がついてしまうほど、ブリティッシュ・コメディの存在感が大きくなっている事に感じ入る(笑)

ブライトンに暮らす14歳のジョージアは、木星くらいある大きな鼻が悩み。
それでもプラス思考全開で、ヘンな家族とネコのアンガスと仲良し4人組に囲まれ、毎日を楽しく過ごしている。
ある日双子のイケメン兄弟が転校してきて、ライバルで巨乳のリンジーに負けずと恋に突っ走るジョージア。その行く手は…?!

本当に想像した通りの内容な上に、全体的に『ベッカムに恋して』よりもっと幼くて、仲間同士のキメポーズみたいなのには白けちゃったりもしたんですが、さすがはイギリス映画というか、最後には何とか持ち直してくれて良い気分で映画館を出られました。

グリンダ・チャーダ監督の特徴なのかしら、恋をめぐって親友同士の仲が険悪になる安~いシチュエーションが、ここでも再び(笑)
途中ジョージアがあまりに性格悪い子になりすぎて、主人公なのに全然共感できないうえに、一緒に見た友達は「基本的に不細工が主人公の映画は苦手なんだよね~」という子なので、もう「やべぇ!ジョージア救いようがねぇっ!」と、隣りでハラハラしてました(笑)
タダ券だけど、誘ったのは自分だったもので…。

ジョージアがキスの練習をするキモいプレイボーイ(矛盾してるけどホントなのよ~)役の子、どっかで見たことあるんだけど、思い出せない!
トーマス・サングスター君にちょっと似てるけど、髪と瞳がブラウンなんだよね。

双子の兄の方といい仲になる、ジョージアの親友・ジャス役の子が可愛かった♪
『幻影師アイゼンハイム』に出ているみたいだけど、今後コスチュームプレイで見かけることが多くなりそう。
しゃべり方や表情や、痩せっぽちな身体が、イギリスの女の子!って感じ。

そんな俳優陣や、オリーブの仮装だとかの細かいアイテムがイギリスならではだな~と思わせるけど、実は製作はアメリカだったりする。

でも舞台はイーストボーンです!
この作品で一番ポイントにしたのはココかな。個人的にだけど。
幻のアールさんの舞台『ZORRO』を観に行ったのが、イーストボーンの市民ホールなの。
とはいえ、Victoria Stationのチケット窓口は並んでるし、ソワレはロンドンに帰って観たいのあったしで、正味滞在時間は3時間くらい=ほぼ公演時間(笑)

でも徒歩で頑張って、地図無しで人に聞きながら市民ホールの場所を探し出したから、結構町並みも覚えてたり。
目を皿にして映画の背景も見てみたけど、似てる場所があったような……なかったような?(笑)
でもグレーの空と寒々しい空気と、海に面して建物がスカスカに建ってる感じが似てたと思う!

…イギリスの空はどこもグレーだってことは突っ込まないで~(笑)

スポンサーサイト

Cinema 2008 | trackback(0) | comment(2) |


<<【BLINDNESS】(ブラインドネス) | TOP | 【My Blueberry Nights】(マイ・ブルーベリー・ナイツ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


木星・・・ 

>木星くらいある大きな鼻

そりゃあ14歳の純朴な田舎娘で多感なお年頃のジョージアには大きな悩みでしょうね、笑。
美人、巨乳&金髪は海外ドラマやコメディやなどではお馴染み、男の子達の憧れ、女の子の永遠のライバルですよね。
不細工でも負けるな、ジョージア!笑 自分だけの魅力を信じて☆

私もEarlさんのおかげでロンドン以外にもNottinghamとかBournemouthとか色々旅したなあ・・・。
Nottinghamはロビン・フット所縁の古い歴史のある街だし、Bournemouthは海辺のリゾートな感じもして素敵だったけど、また何時訪れる機会があるかも分からないしですね。

そう言えばEarlさんやファントムのRaminをはじめnanaさんの好きなOliver Thornton君なども歌っている曲の入ったCD、ACT ONEがロンドンから届きましたが、Earlさんはピアノに合わせてEarlさんらしい叙情的で美しいバラードを歌っているのでぜひ聴いてみて下さいませ。
他にもnanaさんも知ってるor観たことあるWEのミュージカル役者さんが沢山いるかも・・・。

2008/12/04 20:47 | MINA [ 編集 ]


のってぃん! 

>MINAさん

>美人、巨乳&金髪は海外ドラマやコメディやなどではお馴染み、男の子達の憧れ、女の子の永遠のライバルですよね。

ホントですね~(笑)
日本だと外見でそこまでのキャラ付けはされないから、興味深いですよね。

>Earlさんのおかげでロンドン以外にもNottinghamとかBournemouthとか色々旅したなあ・・・。

一石二鳥(笑)
Earlさん的な後押しがないと、短期滞在では無理してロンドンから出ようとは思えませんからね~(^^;)
誰かが車出してくれるとかでない限り。
ノッティンガム羨ましいです!
私もロビンフッドがらみで訪れてみたい場所です。
好きな俳優がノッティンガム公を演じたからっていう、アホな理由で(笑)

>ACT ONE

え~知らなかったぁ!
それは買いですね~限定とかじゃないですよね。
まだ在庫がありますよーに。
ネットじゃなくても大丈夫かな…今度ロンドン行ったとき欲しい!
Earlさんのバラード、とけるぅ…v

2008/12/10 22:39 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/880-0497a164

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。