--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/09 (Mon) 【JUNO】(JUNO/ジュノ)

出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイスン・ベイトマン、オリヴィア・サールビー、J・K・シモンズ
監督:ジェイソン・ライトマン
製作年:2007
製作国:アメリカ

juno.jpg

『サンキュー・スモーキング』ライトマン監督が、予期せぬ妊娠に揺れる16歳の9ヶ月を描いた話題作。

16歳だったら、まぁあり得なくもないけれど、それにしても堂々ゆえに淡々とした妊婦である。

自分はまだ子供、オトコも頼りになんない、でも命は確かに腹の中にある、じゃあこの子を育ててくれる人、見つけなきゃ。

「孕んじゃった」っていう“うかつさ”と、その後の冷静な判断&行動力にかなりのギャップ。
冷静っていうか、素直なのかもしれない。生殖動物として、母として。

その子を自分の手で育てられなくても、里親を見極める厳しさが表しているように、とても確かな責任感で母と子の絆を結んでいる。
中絶に踏み切れなかった時、厳しさと優しさと強さがより増した気がして、あぁ例え片親でも、彼女の子として育てば立派な良い子になるんじゃないかと思われたほど。

だからその一方で、人間としての素直さよりも、体裁を繕った里親夫婦の虚しさが際立つ。
見た目は完璧な家族でも、この家に育つ子は幸せかな?と。
そんな2人に、自分らしく生きる人生を導くジュノ

養子というシステムが日本より普及していて、受け入れ方がプレーンだったり。
妊娠に対しての動揺が薄いジュノの描き方はシニカルだったり。

だけど、自分らしく生きることが幸せで、そうした生き方を選択する強さを教えるのが親の役目……というのは、国境も年代も越えた普遍のメッセージでした。


JUNO/ジュノ <特別編> [DVD]JUNO/ジュノ <特別編> [DVD]
(2008/11/07)
エレン・ペイジマイケル・セラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2009 | trackback(0) | comment(0) |


<<【DECEMBER BOYS】(ディセンバー・ボーイズ) | TOP | 【BRIDGE TO TERABITHIA】(テラビシアにかける橋)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/916-5cfd5715

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。