--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/16 (Mon) 【MR. BEAN'S HOLIDAY】(Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!)

出演:ローワン・アトキンスン、エマ・ドゥ・コーヌ、ウィレム・デフォー、カレル・ローデン、ジャン・ロシュフォール
監督:スティーヴ・ベンデラック
製作年:2007
製作国:イギリス

MR. BEANS HOLIDAY

↑足の上げ方ひとつでキャラクターを表しちゃうところに、畏怖の念を覚えます。

中学生の頃、「Mr.ビーン」シリーズ全巻をむさぼるように見ました。

「Mr.ビーン」で英語を学びました。
(パントマイム劇なのに!?という冷静な突っ込みはおいといて)

「Mr.ビーン」で、英国の何たるか、英国人の何たるかを学びました。
(同じ人種にアラン・リックマンがいた時の驚きといったら…!)

そう、Mr.ビーンは私のヒーロー。
こんなにイギリスにのめり込む初めの一歩は、実は彼だったのかもしれません。

イギリス人てこんなセコイんか!?というMr.ビーン的ファースト・インプレッションは、実際にイギリスに行って良い意味で裏切られました。

イギリス人てこんな不細工なんか!?というMr.ビーン的先入観は、今では「イギリス人のオジサマしか目に入らない!」というほどに良い意味で裏切られました。

期待が裏切られた時、人は大きな感動を覚えます。←そういうこと?そういうことなの!?

そんなビーンが、地域のクジでカンヌ旅行を当てちゃいます。

自己中心大国フランスにおいても、周りの誰にも引けをとらない我がままっぷり。
タイミングの悪さ、視野の狭さ、ほんっっっっっとーにイライラする(笑)

でもたまに「やりすぎたかな」って反省してる表情とか、ドジ踏んだ時の超高速地団駄とか、何だか愛しい。

「アンビバレント」という感情を、彼から学びました。たぶん。

どんな映画にも出ちゃうウィレム・デフォー、最後にオーシャンゼリゼ♪と合唱しちゃう能天気さも、ぜんぶぜーんぶ、生暖かい眼差しで見届けちゃいました。


Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!
(2008/07/09)
ローワン・アトキンソンエマ・ドゥ・コーヌ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Cinema 2009 | trackback(0) | comment(0) |


<<Oliver! 【Intro.】 030309 | TOP | *Nice to meet you*>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/923-7ae4524a

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。