--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/25 (Wed) Oliver! 【FAGIN】 030309

【Rowan Atkinson as FAGIN】

オックス・フォード大学
TV:「Not the Nine O'Clock News」(9時のニュースではありません)、「Blackadder」(エピソード1~4)、「Mr.ビーン」、「The Thin Blue Line」などでリチャード・カーティスと組む
映画:『007/ネバー・セイ・ネバー・アゲイン』、『彼女がステキなわけ』、『フォー・ウェディング』、『ライオン・キング』(ザズーの声)、『ビーン』、『ラットレース』、『スクービー・ドゥー』、『ジョニー・イングリッシュ』、『ラブ・アクチュアリー』、『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』
舞台:Globe劇場(現Gielgud劇場)にてワンマン・コメディ・ショーをWE史上最年少で行う、「The Nerd」、「The New Revue」、「The Sneeze」


oliver_11108.jpg

アートフル・ドジャー「フェイギーン!どこにいるのー!?」と探しているところに、カーテンの向こうから出てくる、という登場シーンだったのですが…。

第一声の「What?」というセリフからして、この人は神か!と思いました。
「What?」だけで笑い取ったよ。
あの「What?」は鳥肌立ったよ~、完璧だったよ~!
あの「What?」だけでも、この作品を観る価値があるんじゃないかと思えたよ(笑)

登場の瞬間はもちろん、フィーフィーのヒューヒュー!拍手喝采でした。
舞台上に出てくるのを待ち望んでいる観客に対して、最高の登場の仕方したもの(笑)
歌も声が表情豊かで、普通に上手かったです。

tn-500_oliverfagin.jpg

まぁ難をつけるとすれば、あれはフェイギンではなく、フェイギンの衣装を着たMr.ビーンでした(笑)
ただ観客もめいっぱいコメディしてくれるローワンを観に来ているわけで、その期待には見事に応えていました。

表情がビーン。
_45374931_fagin_oliver.jpg

「Reviewing the Situation」という曲で、一人芝居をだいぶ引っ張りました。
軟体動物みたいなパフォーマンスをずっと見せ付けられても飽きが来ないところは、やっぱりスゴイ。

足の上げ方がビーン。
Rowan-Atkinson-as-Fagin.jpg

ホントにビーンネタ使いまくりだから~(笑)
そもそも手足を使ったパントマイム的動きや、顔の筋肉どうなってんすか?っていうこねくり回した表情は、彼がコメディやるとどうしても出てきちゃうもんだと思うし。
ラブアクではMr.ビーンの要素はかなり隠してた方だと思う、あれでも。

目が死んでる…。
article-0-030F2EF500000.jpg

Mr.ビーンが可愛がってるんだか虐げてるんだかっていうテディ・ベア的存在のヌイグルミもいて、フェイギンも愛おしそうに撫でたかと思えば炉に投げこむ次第(笑)
いつも必ずビーンが、ブラック・ユーモアの土台にありますね。
中学生の時、あのクマさん欲しかったなぁ。

ところでローワンが登板していない期間もあったみたいですが、そのフェイギンはどうなんだろ?
あまりにローワン独特のコメディ要素が強すぎて、他のフェイギンが想像付かない。
ローワンがやるからこその動きやセリフで役作りがされているけど、他の人も同じ演出じゃあ笑いは取れないよね?

ラスト。まさかフェイギンがラストシーンを背負うとは…。
oliver_ash.jpg

スポンサーサイト

Oliver! | trackback(0) | comment(2) |


<<Oliver! 【Backstage】 030309 | TOP | Oliver! 【MR SOWERBERRY/DR GRIMWIG】 030309>>

comment











管理人のみ閲覧OK


豆 

でもnanaさんがそんなにビーンのファンだったとは知らなかったよ~。

>フェイギンの衣装を着たMr.ビーン

>ブラック・ユーモアの土台にありますね。

確かに。他の役者だと演技も笑いの取り方も違ってそうですよね。

フェイギンが一人夜こっそり盗んだお宝を眺めて楽しむシーンで、王冠を被って望遠鏡を覗いてstallsのお客さんを「Look at the rich people」と言って眺めて、次にbalconyに座っているお客さんの方を見て、「all the poor people・・・」って言ってたのは笑ったけど、ブラックですよね。stallsに居たから笑えたのか?

もしかしたらまた6月にロンドンへ行く機会があるかもしれませんが、今ヘルニア治療で降板中のローアンの代わりに出ているRuss Abbotは、前回のWE公演とUKツアーでフェイギンを演じていたというから彼でも観てみたかったです。と言うかビーンじゃないフェイギンを観てみたいw

long-running TV comedy series The Russ Abbot Showとか、The Producersではゲイのロジャー役だったというし、面白そう。
でもローアン6月じゃさすがにカンバックしてますよね。ローアンフェイギンは7月18日まで観れるようですね。

ローアンが帰る前路上に物凄く大きなゴージャスな車、あれはイギリスの高級車ロールス・ロイスだと思うけどバーンととまってて、これは多分ビーンのだな・・・と思ってたらやっぱりそうでした。
ローアンは趣味は自動車で、かなりのコレクションを所蔵しているらしいですね。さすが大スターです。

2009/04/13 00:44 | MINA [ 編集 ]


Re: 豆 

> nanaさんがそんなにビーンのファンだったとは知らなかったよ~。

ピークは中学生ぐらいですが、良い思い出です(笑)

> stallsのお客さんを「Look at the rich people」と言って眺めて、次にbalconyに座っているお客さんの方を見て、「all the poor people・・・」って言ってたのは笑ったけど、ブラックですよね。stallsに居たから笑えたのか?

あれ、笑いました~!間も絶妙だったし!
ディケンズがどの作品を通しても批判している階級社会が、ああいう形で演出に取り入れられてるのも、よく考えると巧みです。

> Russ Abbotは、前回のWE公演とUKツアーでフェイギンを演じていたというから彼でも観てみたかったです。と言うかビーンじゃないフェイギンを観てみたいw

そうですね、フェイギンとして見られるフェイギンも1回は見てみたほうが良いかも(笑)
ただ今回のプロダクションだと演出や構成に力があまり入ってなくて、ローワンと子供が見どころとも言えるので、ローワン取ると魅力が半減しちゃう気も(汗)

> long-running TV comedy series The Russ Abbot Showとか、The Producersではゲイのロジャー役だったというし、面白そう。
> でもローアン6月じゃさすがにカンバックしてますよね。ローアンフェイギンは7月18日まで観れるようですね。

ロジャーやってた人なら、また別の濃さを持ったフェイギンが見られそうですね!
ローワン、7月18日までかぁ。末くらいまでやってくれればいいのに(><)

> ローアンは趣味は自動車で、かなりのコレクションを所蔵しているらしいですね。さすが大スターです。

そうそう車大好きみたい…意外に普通の男性ですね(笑)
私が行った日は、でかくて黒くてイカついボックスカーでした!

2009/04/13 09:47 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/931-e4a09cac

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。