--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/19 (Tue) The Phantom 【Girys】 NYC 2009

ラウルフレディ・マーキュリーみたいになってます。

rebecca-meg-ryan-raoul.jpg

【Madame Giry … Rebecca Judd】

舞台:「The Secret Garden」(Claire役)、「Sweeney Todd」(Mrs.Lovettスタンバイ)、「ガイズ・アンド・ドールズ」(Sarah Brown役)、「グリース」(Rizzo役)

マダムがその厳しさで笑いを取っていたのが、ロンドン版との違いでしょうか。
ロンドン版、特にHeather Jacksonさんは、本当に厳しいオバちゃま(失礼!)なので、観客すら怒られた気分になるのか、笑える空気ではないんですよね~。
私も初めてHeather版マダムを見たときは、映画のミランダ・リチャードスンとのギャップに「本気で恐いし!」と戦きました。
NY版は「Think of Me」の後、バレエ・ダンサー達に向かっての「あんたたちは面汚し!」で笑いが。

ルフェーブルが新支配人たちを紹介しようとするも、騒がしくてマダムに助けを求め、マダムが杖の一突きで静粛を取り戻す場面。
ロンドンでは空振りが多いというか「ポクっ」と地味な音で、初見の観客にはマダムが静粛を取り戻したと気付きにくいと思うんですが、NYは杖に仕掛けがあるのか、レベッカさんが上手いのか、会場中にしっかり響き渡る「ドンっ!」
ただマダムの神通力を示すシーンとも取れるけど、演出側としては笑いも期待してると思うので、このシーンのあるべき姿を見た気がしました。

アメリカ版は「えっ今の何だったの?」と観客を惑わす中途半端さが、一切排除されているように感じる。
観客に分かりやすく「シーン」の真意を伝えようとしている。
その割りに「ストーリー」がイマイチ伝わってないっぽいのが、不思議なんだよね~(笑)

ポイントポイントは絶対逃さないアメリカ演出ですが、全然ストーリーに関係ないところで印象派なロンドン版。
まさに上の写真のシーンですが、去り際、照明が消える直前のHeatherさんの所作は、暗転した時にハッキリ印象が残るよう、工夫されているなぁと感心します。
絵的な美しさ、俳優としての所作のこだわりが感じられる。
アメリカ版はそういうところは、なぁなぁで進んでいくような。
ラウルが湖に飛び込むシーンも、ロンドン版のラウルsは、どうしたらカッコよく見えるか研究している気がします(笑)


【Meg Giry …Polly Baird】

アメリカン・バレエ・スクール卒。17歳の時「オペラ座の怪人」でブロードウェイ・デビュー。ナショナル・ツアーでメグを演じる。

あまりロンドン版と差がない役です。
どこの文化の人がやっても、同じような印象になる役なのね。

クリスティーヌの楽屋でマダムに「あなたダンサーでしょ」と怒られた後、「Rehearsal, always rehearsal」と一人ごちていたのが、ロンドン版と目立って違う箇所でしょうか。
ロンドン版では、最も大げさにリアクションする役者でも表情のみの演技で終わるこのシーン。
日本版もメグのセリフが入ります。
日本版にセリフが入ったのは初演女優さんのアドリブによるものらしいので、その方はブロードウェイ版を観て研究したのでしょうね~。

メグの役に限らず、他にもつぶやき程度で、London版では言ってないセリフがちょこちょこあった気がする。
逆にNY版で言っていないのにロンドンでは言っているというものはなかったかな。
アラン・リックマンコリン・ファースがよくインタビューで「脚本を重視する」と言っているけれど、ここにも英国演劇界の脚本崇拝主義が窺えて、ちょっと面白い。

スポンサーサイト

The Phantom - Howard Mcgillin | trackback(0) | comment(0) |


<<The Phantom 【Christine】 NYC 2009 | TOP | The Phantom 【Raoul】 NYC 2009>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/955-a5e319ad

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。