--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/29 (Fri) The Phantom 【Phantom】 NYC 2009

【The Phantom … Howard Mcgillin】

舞台:「ピーターパン」(国内ツアー、フック船長)、「Bounce」(ワールド・プレミア、Helen Hayesノミネート)、「蜘蛛女のキス」、「She Loves Me」、「秘密の花園」、「エニシング・ゴーズ」(トニー賞、ドラマ・ディスク賞ノミネート)、「The Mystery of Edwin Drood」(トニー賞、ドラマ・ディスク賞)、「Sunday in the Park with George」、「ラ・ボエーム」(NYシェイクスピア・フェスティバルにて、ドラマ・ディスク賞ノミネート)
ロンドン:「Anything Goes」(マック、メイベル)、
TV:「サウス・パーク」、「All Good Things」


phantom-howard.jpg

「Earlさんの 次に好きかも ハワード・ファントム」(一句)

さすがの老練ファントム、芸は完成し尽くして、安定の技・業・ワザ。
いつ誰が見ても満足度の高いパフォーマンスなんだろうなぁ。
そういう意味では、変化や成長が興味深かったEarlさんとは愉しむ方向性が違うっちゃ違う。
でもファントムの色みは、アールさんと似通っていたと思う。

どちらもすらっとした長身のファントム。そして面長(ウマ顔)。
手や顔が骨っぽい。笑うと優しい。

単に自分の好みじゃんか。←

キャッツのネコに絡まれてこの笑顔。
どの役者でも、ファントムメイクでの笑顔に弱いっす…。

NYC_Phantom_Cats_big.jpg

いやでもファントムのビジュアルも結構重要なのです。
正統派オペラの上手さでもお腹がプーさんだったらイヤだし、MotNではクリスと重なった時に頭1つ分以上は飛び出ていて欲しいんだもの。

要は似てます、2人。
Earlさんが年取ったら、ハワードさんみたいになるんじゃない?
よい年の取り方をしてる人だなぁーと思うので、アールさんも是非。(是非?)

ちなみに素。ろっ…老眼鏡かな?

howard-bust.jpg

いやぁーでも向こうのオジサマはやっぱりカッコイイよね。
この年でも「オッサン」じゃないもん。「オジサマ」だもん♪

アランの7歳年下です。
そんな人がファントムという役を演じる事実だけですでに、どんだけ私の中でクリティカル・ヒットしたことか(笑)
皆様分かっていただけると思います。えぇ。

ハワード・ファントムは、アールさんほど演技に細かいアレンジはないけれど、所作は余裕の美しさ。
勤続年数(?)に応じて余裕がありすぎて、ファントムのギリギリ感を削いでいたとも言えるけど。
カチカチしたブリティッシュにはないニャーニャーした発声は、米国英語で歌うから?
あとアールさんに感じた意地悪さ、英国人ならではのシニカルさは薄い気がする。

代わりに「私のクリスティーヌを持っていくなら仁義を通せ」的な真っ直ぐさ、そして娘を嫁にやるパパの寂しさ(笑)を感じました。
ラウルの俳優がディズニーに出てくる王子くらい分かりやすいビジュアルとキャラクター作りだし、ハワードさんの年齢も年齢だから、余計ファントムの“物悲しさ”が際立つのね。

あっちなみに知ってはいたけど、3重唱なし&抱っこなし。
まぁね、疲れちゃうんだろうけどね(笑)、あった方が好きな演出ではあります。
ファントム「まだオレは男だぜー」という主張が感じられるようで。

歌声はハワードさんもパワフルだけど、演技など全体も含めてみれば、やっぱりLondon Phantomsが熱いかなと思います。みんな若いせいかな。
その分不安定感やアンバランスさも持ち合わせているのだけど、それがそれぞれのファントムの個性になっている。

まぁそれはそれとして、王道ストレートな完成度の高いファントムだったHowardさんですが、さすがにもうそろそろ引退みたいです…。
Earlさんの時みたいに引退公演を無理して観に行くことはないと思うので、これが最初で最後のHowardファントムになると思うのですが、最後にすれ違えてよかった、

パパ・ファントム

21周年記念。
phantom-trio.jpg

ちなみにロンドン
ケーキのクオリティがこうもNY版と違うのはなぜ?
ラウルが排除されているところにも注目。
721032.jpg

ブロードウェイのファントムチラシには、ことごとくロンドン・ファントムの写真が使われていて、

もっとHowardファントムのビジュアルを残してあげてー!

と叫びたいです。
RaminファントムEarlファントムがチラシの中で入り混じっているし、まさかNYで懐かしのEarlファントムに会うとは驚き!(笑)

Brochureパンフも、以前お土産でもらったのと変わってなかったような…。
やっぱり本場ロンドンの方が、色々とお金かけてるのかなぁー。セットは古いけどぉー。

スポンサーサイト

The Phantom - Howard Mcgillin | trackback(0) | comment(3) |


<<【ザ・マジックアワー】 | TOP | The Phantom 【Christine】 NYC 2009 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

Howardさんは最後まで演じると通算何回位ファントムをパフォーマンスした事になるのでしょうね、2500回いくのかな?
私が初めてHowardさんを観たのは2003年頃だったかしら?もう随分前で忘れてしまいましたが、あんな怪人の悲しみや狂気を表現し、ノドも酷使しそうな役を週8回舞台で長い間演じ続けるのって凄いし、かなりの精神力や自己管理も必要なんでしょうね。
まあプロフェッショナルな人は皆そうなんでしょうけど・・・。

Howardさんと言えば舞台にはハプニングは付き物ですが、かつてThe Phantom of the Operaの曲でボートが動かなくなって止まってしまった事があった時、どうしたと思います?
その時観ていた方によると、な、なんとあの重いボートの穂先を手で持って引っ張った!そう。
普段はリモート・コントロールされているけどあのボート、素手で引っ張ったらかなり重そうですよね・・・身長2m近くあるHowardファントムだから可能だった?まさに怪人パワー。
その時クリスだったJennifer Hope WillsはHowardさんのその対応にびっくりして戸惑っていたよう。しかしその後も何事も無かったように舞台は続いたそうで・・・笑。

昔同じ様にEarlさんとRachellのボートが壊れてやはり二人が舞台奥から、本当はボートで出てくる所を手を取り合って歌いながら出て来たのを観た事もありましたが、そこは湖の上ではないのか?水の上を歩けるとはキリストか??とかいうツッコミは置いておいても、そう言った予想外のハプニングへの対処なんかも長く演じているとスムーズなんでしょうね。
しかし普通の演出を知っている者からするとビックリだし、その回観れた人はかなりラッキーですよね。

2009/06/19 00:48 | MINA [ 編集 ]


 

あら、Rachelのspellingが間違ってましたね、すいません。
Earlさんと言えば私もまた近々ロンドンに行く事になりそうですが、相変わらず素敵なジャベールを演じてくれているのでしょうねえ。
HowardさんのCDも持ってますがAll the Things You Areなどロマンティック。とりあえず長い間怪人役を演じたHowardさんの功労を称えたいですね。

2009/06/19 01:13 | MINA [ 編集 ]


功労賞 

>MINAさん

> Howardさんは最後まで演じると通算何回位ファントムをパフォーマンスした事になるのでしょうね、2500回いくのかな?
> 私が初めてHowardさんを観たのは2003年頃だったかしら?

普通の仕事だったらこの年数もあり得ますが、1公演のエネルギーを考えるとすさまじいですよね。
2003年のHowardファントムは、それなりに若かったのかな~(笑)

> なんとあの重いボートの穂先を手で持って引っ張った!そう。

その対応は初めて聞きました!
Raminはそのトラブル生で見ましたが、やはりクリスティーヌを導きながらキリスト状態でした。
公式なエマージェンシー対応がそうなっているのだと思いますが、Howardさんの時はそれが定まっていなかったのでしょうか…

それにしても、その対応を出来てしまう体力がスゴイ…!
やろうと思ってもクリスの乗った船、そう簡単に動きそうもないですよね。

> しかし普通の演出を知っている者からするとビックリだし、その回観れた人はかなりラッキーですよね。

そう、失敗したのが分かっているから、ファントムとクリスのはにかんだようなアイコンタクトも見逃さないし、かえってそんな役者の一瞬の隙が見られて得した気分です♪

>HowardさんのCDも持ってますがAll the Things You Areなどロマンティック。とりあえず長い間怪人役を演じたHowardさんの功労を称えたいですね。

すんごい迷って買いませんでしたー(><)
普通にCD屋さんで買ったほうが安いかなーとか思ってたら、NYでCD屋さんを見つけられなかった(Virgin潰れてるし…)
う~んハワードさんの歌声、ロマンティックだろうなぁ。甘いだろうなぁ。艶やかだろうなぁ♪

やっぱりもっかい生で見たい…

2009/06/19 21:51 | nana [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/959-44318db2

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。