--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/06 (Mon) WICKED 【Stagedoor】 4.Mar.2009 Matinée

pic32.jpg

ケリーは歌手として大好きなので、ずっとステージドアで会いたかったのです。
しかしWickedはいつもマチネで見ていたので、10分位出待ちしたところで出てくるわけもなく。
今回少し早めに会場に行ったら入り待ちしているファンが見えたので、ちゃっかり混ざってきました。

そしたらメイン3人と絡めて、入り待ちの時点でお腹いっぱい♪
Stageの感想はなくていいすかね?(笑)
コース始まる前にメイン食べちゃったみたいな状態だったのよー!

一度キャス変しているので、オズ(太った)もモリブル(コミカルになった)もボック(アダム・ガルシア似になった)もネッサ(大柄になった)も以前とは違う人だったけど、メイン3人独特のテンポや濃いオーラのおかげで、ステージの印象も以前とあまり変わらなかったし。

学生団体が入っていたので、最近おとなしめだった客席がそこそこ盛り上がってました。
まさかWICKEDのマチネで、フルプライス払うことになるとは思いもよりませんでしたが(苦笑)
でも入り待ちの満腹感からか、払ってでも見ちゃいました。

oliver-fiyero-cast.jpg

オリバーとは1回写真撮ってもらってるので省略します。前回はこちら
と思ったら、前回Backstageについて1行しか触れてなかった(笑)
公演後に会った前回と比べ、マチネ前の今回は少なからず寝起き感が漂っていました。
小包片手にずっとポストを探してさまよっていたよ。

今回は薄汚れたパーカーだったので、ちゃんとした格好だった前回を載せておきます。
マフラーかわいい。Paulかな?

oliver0308.jpg

オリバーは、朝起きたらタオルを肩にかけて目玉焼きを作っているイメージ。
フレンチトーストでも可。とにかくフライパンを持ってれば可。

Earlさんはちゃんとエプロンして夕方くらいからシチューですね。
もしくは上半身裸でバーベキュー奉行。
久しぶりに妄想が暴走だー。

グリンダ役ダイアンは、舞台上だと若いということが判明!
舞台裏ではあまりオーラなかった……学生みたいで、入り待ちガールズに同化してました(笑)
しかも「喉こわすよ!」ってくらい、入り待ちの子や子供たちとキャーキャー騒いでいて、ちょっと無謀な雰囲気。素でグリンダのテンションだよ、この人!

dianneglindbubble.jpg

ケリーは舞台裏でも女優然としていて、オーラも抜群でカッコよかった!スタバが似合うんだまた。
しかもごく薄いブロンドなので、連日の塗りのせいか、うなじが緑に染まっていました(苦笑)
早いとこ落としきらないと、将来まで色素沈着しちゃうよ~(汗)

おぉ、カットしてくっつけるとツーショットみたいだ。

kerry and dianne


せっかくだから舞台にもちょっと触れると…。

ケリーは歌えちゃう人なので、Wizard and I、Defying Gravity、No Good Deedなどポイントポイントは絶対外さず聴かせてくれる。
その代わり記念日などでない限り、特別変化も感じられない。常に安定しているから。
そんなわけで歌は大満足なんすけど、芝居は早いっすね~哀しくなるくらい(笑)
そんなに早く帰りたいかと(笑)
マチネで巻いてもソワレの始まる時間は同じじゃないかと!(まぁ休憩時間は長くなるけどさ)

そこらへんはダイアン@グリンダオリバー@フィエロが丁寧に演技をするタイプなので、シーンの雰囲気とセリフの落としどころをきっちり捕まえてくれます。

しかし見慣れてくると、2幕が染みるねぇ。
何度も見ているのに、泣きそうになってしまった。
涙もろくなっただけ?

ちなみにケリー5月9日最終公演はすでにネット上にいっぱい上がってます。
録音モノなのでここには載せませんが、探せばすぐに見つかりますよー。
ただでさえパワフルなのに、力の限り歌っていて鳥肌もんです。あー観に行きたかったな。

こんなにしっかり3人と会えちゃうなら、直前に寄ったDress Circleケリーオリバーのアルバム買っとけば良かったよ…。
迷った挙句にやめちゃったんだな~。後悔先に立たず。

そして実はWickedのサントラって持ってないので(iPodには入っているけど)、5周年記念盤を買う気がむくむく。
ドイツ版が入ってるのがオイシイなと思うんですが、一部を手に入れたら全体が欲しくなってしまうに違いない。

スポンサーサイト

WICKED - LONDON | trackback(0) | comment(0) |


<<【20世紀少年 <第2章> 最後の希望】 | TOP | WICKED 【Intro.】 4.Mar.2009 Matinée>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://breakaleg.blog9.fc2.com/tb.php/974-15e3eef5

| TOP |

プロフィール

nana

  • Author:nana
  • Would be always grateful that we somehow existed at the same time in a world's long history.
    My life has so much expanded after knowing you.
    Good bye, for a while and see you sometime.

    http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-35321410


    現在の閲覧者数:


    当ブログ内の写真・文章の無断転載を禁じます。

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。